ブログ

ads.txtとは?グーグルアドセンスから警告文が出た場合の解決方法【ads.txtの設置方法】

 

「要注意 – ads.txt ファイルが含まれていないサイトがあります。収益に重大な影響が出ないよう、この問題を今すぐ修正してください。」

このads.txt警告文の問題を解決する方法です。

ads.txtを作る方法は簡単なんですが「それをどうするか?」が分からないんですよね。

まず「ドメインのルートレベルでホストします」の意味が分からない!

というわけで先程このads.txtの設置方法が分かり警告文が解除されたので

その解決方法を記載しようと思います。

グーグルアドセンスからads.txt警告文が来る

前置きはいい、結論はよ!な方はこちらから飛んでくださいね。

↓ads.txt警告文解除方法へジャンプ↓

 

昨日なんとなくグーグルアドセンスを見てみたらこんな警告文が来ていました。

ads.txt ファイルが含まれていないサイトがあります?

どういうこと?

このads.txtのヘルプを見てみても

 

ads.txtで認定販売者を宣言する」の欄はads.txtの説明ですし

AdSense向けのads.txtを作成する」欄もads.txtを作成したのはいいものの

「ドメインのルートレベルでホストします。」の意味が分からないし

ads.txt仕様書のリンク先は英語だし

ads.txt ファイルに記載される情報を開いて見てみると

ドメインに置かれている ads.txt ファイルで販売者のサイト運営者 ID が認定されていない場合、そのドメインではアド マネージャーを通じた収益化ができなくなり、Google からの広告配信が停止します。
収益に影響が出ないよう、収益化を希望する各サイトの ads.txt ファイルを更新して、サイト運営者 ID を含めることをおすすめします(アド マネージャーでの ads.txt の更新方法をご覧ください)。
拡張パートナー管理を使用する場合は、お客様のネットワーク パートナーにご相談のうえ、サイト運営者 ID を ads.txt ファイルに含めることをおすすめします。

なんて怖いこと書いてあるしもうどうしろと・・・

という訳でads.txt警告文の解除の方法を調べてみました。

ads.txtファイルを作成する

AdSense向けのads.txtを作成する」に書いてある通りにads.txtファイルを作成します。

「AdSense向けのads.txtを作成する」欄の2に書いてある文章を

メモ帳を開いてコピー&ペーストします。

次にコピー&ペーストした文章の下に書いてある

重要: 「pub-0000000000000000」の部分はご自分のサイト運営者 ID に置き換えてください。

の通りに内容を変更します。

サイト運営者IDの場所はグーグルアドセンスのホームにある

「アカウント」から確認できます。

 

置き換えたらメモ帳のファイルから「別名を付けて保存」を選択し

名前を「ads」にしてわかりやすいところに保存します。

これでads.txtファイルが作成できました。

ads.txtをブログに設置して適用(アップロード)する

「ドメインのルートレベルでホストします。」の部分です。

FTPで「ads.txt」ファイルをアップロードしてブログにads.txtを設置します。

簡単に言えば契約しているサーバーに保管しているブログ情報の中に

「ads.txt」ファイルを入れるよ!ってことです。

というわけでまずは契約しているサーバーにログインします。

エックスサーバーの場合

まず契約一覧のサーバー欄にある「ファイル管理」を選択します。

MixHostの場合、cPanelにログインしたら「ファイルマネージャー」
ロリポップ!の場合サーバーの管理・設定内の「ロリポップ!FTP」
で同じようなファイル管理ページに移動できます。

次にファイル管理ページにある自身のサイト名のフォルダを開きます。

 

次に自身のサイト名のフォルダの中にある「public_html」をクリック。

 

開いたら右側にある「ファイルのアップロード」欄にある

「ファイルを選択」をクリックし

先程作った「ads.txtファイル」を選択しアップロードします。

 

アップロード終了後、左側のファイル名一覧に

「ads.txt」が追加されていれば設置作業は終了です!おつかれさまでした!

 

さて、設置作業はこれで終了なのですがads.txtが認識されるまで時間がかかります。

すぐに適用されるわけではないのでしばらく待ってみましょう。

筆者の場合はads.txtが認識されるまで半日くらいかかりました。

 

ところでads.txtとは何か?

「ads.txt で認定販売者を宣言する」ページに書かれているのですが

ads.txt による認定デジタル販売者(Authorized Digital Sellers)の宣言は
IAB によるイニシアチブで、コンテンツ内のデジタル広告枠が
そのコンテンツのパブリッシャー(ウェブサイトならばサイト運営者)が
認定した販売者(AdSense など)を通してのみ販売されるようにするものです。
サイト運営者様は ads.txt を独自に作成することで、
自サイトの広告枠の販売者を厳密に管理し、
偽の広告枠が広告主に提供されるのを防ぐことができます。

ads.txt は、使用することを強くおすすめします
ads.txt を使用すれば、購入者が偽の広告枠を判別できるため、
サイト運営者様としても偽の広告枠に収益が流れるのを阻止し、
その分収益を増やすことができるというメリットがあります。

「使用することを強くオススメします」ということは

「ads.txtの設置は必須ではない」ということ。

お・・・おう・・・

つまりページが増えて広告の管理をおろそかにすると損することになるので

ads.txtを設置するのは必須じゃないけど設置しておくといいよ!

と、Googleが推奨している設定なのです。

というわけで後々のことを考えるとads.txtは設置しておいたほうが良いですね。

 

ads.txt を設置するのであれば正しく設置しましょう。
もし ads.txt の設置が正しくできていない場合
該当サイトの広告配信が止まる可能性があります。
(アカウント停止ではありません)
広告が停止された場合、ads.txtが正しく設置できていない可能性があります。

 

はてなブログでads.txt警告文が出た場合

さて、はてなブログの場合なのですが

サーバーにads.txtファイルをアップロードできないためどうすることもできません。

また、はてなブログなどのブログサービスがads.txtのサポート機能を提供しない限りは

ads.txtを設置することはできません。

ちなみにはてなブログの見解は

現在のところ、はてなが提供しているドメイン(*.hatenablog.com等)がドメインを設定しているブログかに関わらず、ads.txtを配信する機能は提供していません

多くの方が利用されているGoogleAdSense.txtに関するヘルプにも記載してあります通り、ルートドメインにファイルを設置することができない場合はads.txtを設置する必要はありません。また、現時点でのAdSenseの仕様やその他の広告が配信されなくなるケースは極めて限定的と判断しています。

はてなブログが提供するドメインのルートドメインでも現在のところads.txtを設置する予定はありません。これはユーザー様のGoogleAdSenseの広告配信に影響を出さないための措置です。

また、独自ドメイン設定をご利用の場合には、
ご自身でzone apex(ルートドメイン)にサーバを用意していただきads.txtを配信することで対応可能です。
ただし、この方法についてははてなでサポートすることができません。何卒ご了承ください。

というわけで、はてなブログでブログを書いている場合

はてなブログ側が何かしら対応しない限り警告文が消えることがありません。

ただ上記の「ads.txtとは何か」でも書いた通りads.txtの設置は必須ではありません。

不安な場合は、はてなブログのサポートに問い合わせてみましょう。

WordPress(ワードプレス)を使ったブログの始め方をわかりやすく解説!【ブログ初心者にオススメ!】 昨今色々な方法でブログを始める方が多くなってきました。 その中でもWordPress(ワードプレス)をつかったブログは、テ...