スマホ

Xperia1のカメラの性能が凄い!実際に使ってツイッターに写真をアップしてみたよ!【レビュー・感想】

「好きを極めたい人々に想像を超えたエクスペリエンスを」

このキャッチコピーを掲げ、2019年6月14日に発売された「Xperia1」

【機種変更】ソニーのXperia1を買ってみた!【レビュー・感想】 2019年6月14日発売の21:9比率のディスプレイを採用した「Xperia1」 発売日となる今日、購入予約していた携帯ショップか...

発売されて2日経ちましたが、今回は実際にカメラを使って

ツイッターに何枚か写真を投稿してみたのでその感想を書きたいと思います!

 

Xperia1のカメラの性能

まずはXperia1のカメラの性能です。

Xperia1のカメラスペック詳細

カメラ画素数 標準カメラ:約1,220万画素
望遠カメラ:約1,220万画素
超広角カメラ:約1,220万画素
内側カメラ:約800万画素
センサーサイズ / F値 標準カメラ:1/2.6インチ / 1.6
望遠カメラ:1/3.4インチ / 2.4
超広角カメラ:1/3.4インチ / 2.4
内側カメラ:1/4.0インチ / 2.0
ISO感度(最大) 静止画:ISO3,200
動画:ISO4,000
オートフォーカス 静止画:○
動画:○
ズーム(最大) 静止画:光学2倍 / デジタル10倍
動画:光学2倍 / デジタル10倍
手ブレ補正 外側カメラ 静止画:光学式
動画:光学式
内側カメラ 静止画:電子式
動画:電子式

 

Xperia1の画素数が今までのXperiaより減ってない?

さて、搭載されているこの3つのカメラは全てが1200万画素

2013年に登場した「Xperia Z1」は2000万画素

2015年の「Xperia Z5」では2300万画素

 

・・・減ってますね、どういうことでしょう?

ソニーモバイルの担当者によると

メインカメラはイメージセンサーが

デュアルPD(フォトダイオード)センサーなので実際には2400万画素

要するに1200万画素×2ってことですね!

キヤノンのデジタル一眼で採用している

「デュアルピクセルCMOS」を搭載したイメージセンサーと同じです。

デュアルPDは1つの画素にフォトダイオードを2つ割り当てた構造で

そのうち一つをオートフォーカス(AF)時のセンサーとして使い

オートフォーカスをより高速にすることができるとのこと。

 

Xperia1に搭載されている3つのカメラについて

「Xperia 1」のアウトカメラにはの3つのカメラが搭載されています。

  • 標準カメラ
  • 望遠カメラ
  • 超広角カメラ

ユーザーはボタンひとつで簡単に撮影するレンズを切り替える事ができます。

普段の撮影は標準カメラでの撮影なのでシーンによって切り替えていきます。

 

標準カメラ
一番上がメインカメラで、26mm相当のレンズを搭載。レンズのF値は1.6。

1220万画素のデュアルPDセンサーで、光学式手ブレ補正を搭載しています。

F値とは
レンズの焦点距離を有効口径で割った値であり
レンズの明るさを示す指標として用いられる。
 F値が小さいほどレンズは明るく(=レンズを通る光量が多い)
シャッター速度を速くできる。

 

望遠カメラ
真ん中は望遠やポートレート用のカメラで約1220万画素。

こちらも光学式手ブレ補正付き。

レンズは52mm相当(メインカメラのちょうど2倍)でレンズのF値は2.4。

標準カメラと望遠カメラは連動して動作することで

背景をぼかして撮影することもできます。(その場合は望遠カメラの画角)

 

超広角カメラ
ちょっと周辺がゆがむタイプの超広角レンズで

16mm相当でレンズのF値は2.4。こちらには手ブレ補正はありません

 

Xperia1の撮影機能、撮影モード

3つのカメラにはそれぞれにシーン判別のAI機能が搭載されていて

人物、夜景、風景など、13種類のシーンを判別してくれます。

またこのAI機能はオン・オフを切り替えることができます。

撮影モードは

  • フォト
  • ビデオ
  • 背景ぼけ撮影
  • スローモーション
  • パノラマ
  • ARエフェクト
  • クリエイティブエフェクト
  • マニュアル

の8種類。

 

実際にXperia1のカメラで撮影してみた!

というわけで実際にXperia1のカメラを使って撮った写真を

ツイッターにアップしてみました!

今回使ったツイッターでのフィルターは「ラディア

すごくキレイに撮れてますね!

ちなみに9種類あるツイッターのフィルターを比較してみました。

↓ フィルタ ↓

↓ ラディア ↓

↓ ポジ ↓

↓ 赤っぽく ↓

↓ ブリーズ ↓

↓ グロウ ↓

↓ ゴールデ ↓

↓ フェイム ↓

↓ モノクロ ↓

 

使いたいシーンに合わせてフィルターをかけるとよさそうですね!

ちなみにInstagramではフィルターは24種類あります。

ちょっと数が多いので一つだけw

↓ cleardon ↓

 

また、風景や食べ物も撮ってみました。

食べ物「あんみつ」

 

風景「イオンモール内」

 

細部までキレイに撮れていますね!

「あんみつ」がものすごくおいしそうに撮れました!

食べ物と風景を比較してもらえるとわかると思うのですが

「食べ物」の場合あんみつにフォーカスが当てられまわりがぼやけていて

「風景」の場合一切ぼやけること無く細部までキレイに撮れています。

上記の撮影機能で説明した

3つのカメラにはそれぞれにシーン判別のAI機能が搭載されていて

人物、夜景、風景など、13種類のシーンを判別してくれます。

が状況に合わせてフォーカスするかどうかを判断してくれた結果ですね。

 

Xperia1のカメラで夜景を撮ってみた!

次に実際に夜景を撮りに行ってきました!

 

何枚か撮ってみましたがとてもキレイに撮れてますね!

また遠くからの夜景も撮ってみました。

 

光源の無い場所だとキレイに撮るのに少し苦労すると思います。

色々と設定を変えることでシーンにあったキレイな写真を撮ることができます。

 

おまけ

夜になんとなく撮ってみた植物なのですがキレイに撮れたのでw

まとめ

というわけで実際に写真を何枚か撮ってみたのですが

以前使っていたスマホのカメラより断然性能が上がっていると実感できました!

また、食べ物や風景も細部までバッチリ撮影できるので

ツイッターやInstagramとの相性もバッチだと思います。

Xperia1を使って出かけ先で写真を撮るのが楽しくなりそうですね!

 

【機種変更】ソニーのXperia1を買ってみた!【レビュー・感想】 2019年6月14日発売の21:9比率のディスプレイを採用した「Xperia1」 発売日となる今日、購入予約していた携帯ショップか...