動画

映画「万引き家族」のフル動画を無料で視聴する方法、あらすじや感想も【安藤サクラ出演】

 

ー 盗んだのは、絆でした ー

 

都会の片隅で暮らす5人の家族、彼らの家業は”犯罪”でしたーー

 

2018年6月8日公開された

実際にあった、親の死亡届を出さずに年金を不正に貰い続けていたある家族の事件をもとに、構想10年近くをかけて作られた

映画「万引き家族」

今回はこの映画「万引き家族」を無料で視聴する方法です。

 

映画「万引き家族」をU-NEXTで無料で視聴する

映画「万引き家族」は現在U-NEXTで無料お試し期間中に無料で付与されるポイントを使えば視聴することができます。

なので

「有料レンタル動画を無料で視聴したい!」というのであれば

無料で付与されるポイントで視聴できるU-NEXTがオススメです!

U-NEXTに新規登録しても無料期間中に解約すれば料金は一切かかりません。

※本ページの情報は2019年9月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

映画「万引き家族」を
無料お試し期間で無料視聴する

U-NEXTのサイトはコチラ

 

というわけ

映画「万引き家族」フル動画は
「U-NEXT」で見ることが可能です。

U-NEXTには31日間無料のお試しキャンペーンがあり
有料対象の映画作品でも
お試し期間中に付与される600ポイントを使えば
ポイントを使って無料で見ることができます。

U-NEXTのポイント付き31日無料キャンペーンはコチラ

「U-NEXT」は
見放題作品が中心の日本最大級の動画配信サイトです。

無料期間内に解約すれば完全無料となり
一切料金がかかりません。

 

\U-NEXTの特徴/

月額1,999円を31日間無料で試せる!
登録時に600ポイントもらえる!
ポイントを使って、好きな映画(動画)を無料で見れる!
期間内に解約すれば使用料は0円!
動画本数12万本以上!
新作映画の配信が早い!

映画「万引き家族」を
無料お試し期間で無料視聴する

 

FODで無料期間にもらえるポイントを使って実質無料で映画「万引き家族」を視聴する

フジテレビ公式動画配信サービス【フジテレビオンデマンド】では映画「万引き家族」は有料レンタルと言った形をとっています。

FODでは新規登録すると、30日間の無料お試し期間がついてきて、

ポイントが毎月8のつく日(8日・18日・24日)にそれぞれ400ポイントを無料で手に入れることができます。

なので、そのポイントを使えば無料で映画「万引き家族」を視聴することが可能です。

※30日間の無料トライアル中で解約すれば料金はかかりません。

まずは無料でお試し!【FODプレミアム】

 

TSUTAYA TVで無料期間にもらえる1,080円分のポイントを使って実質無料で映画「万引き家族」を視聴する

TSUTAYA TVでは映画「万引き家族」は有料レンタルと言った形をとっています。

TSUTAYA TVでは新規登録すると、30日間の無料お試し期間がついてきて、無料期間中に付与されるポイント「1,080ポイント」を使いレンタル料を0円にして見ることができます。

おすすめは「定額レンタル8+動画見放題プラン」です。TSUTAYAのDVDを8枚まで借りながら、動画配信サービスも楽しめるお得なプランです。

TSUTAYA TVでは、映画「万引き家族」は500ポイントなので、ポイント利用でもう一本お好きな映画を楽しめます。

※30日間の無料トライアル中で解約すれば料金はかかりません。

TSUTAYA TVの無料期間を試してみる

クリックするとTSUTAYA公式HPに移動します
無料体験はいつ終了するかわからないのでお早めに

 

映画「万引き家族」の感想

正直言って、面白いです。

泣けるとはちょっと違う心の深い方に訴えかけるものがあります。
家族なんて、愛なんて自分で選びとらないと意味がないんじゃないか。なんで子どもは親を選べねぇんだろな、合わねぇ親んもとに生まれてボコられて、死ぬなんて本当にかわいそうだ、理不尽すぎると思いました。

映画ではたとえ愛があったとしても犯罪が生活の真ん中にある。そこに拒否反応を示す人もいるかもしれない。
罪を犯しているという現実を、子どもを愛しているからという理由で、反故にしてるんじゃあないかと。
だとしても、何かこの家族には何か尊いものがあり、言葉では言い表せません。

そういうものを心の深いところに訴えかける映画は初めてでした。

是非見て下さい。

この映画を一言でいうなら「家族とは?」である。
しかしもっと抽象的にいえば、
「定義の揺らぎ」である。
お父さんとは?お母さんとは?名前とは?家とは?そして家族とは?

母親(信代)は祥太と商店街を歩きながら、
お母さん、お父さんと呼ばれることについて話をする。
祥太には「ほんとたいしたことじゃないからね」と言った。
そう言いながらも、一番気にしていたのは信代かもしれない。
最後の最後で母はお母さんでありながら
お母さんではあれないとを悟ってしまった。
それは父親も同様である。
その一方で、祥太はバスの中で声なく何かをつぶやいた。
りんも最後のベランダのシーンで、唇を動かした。
果たしてお父さんとは?お母さんとは?

小さな女の子は、「ゆり」であり「じゅり」であり「りん」だった。
結局彼女の名前はなんだろう?
名前とは存在そのものであり、名前の否定はもはや死と同義である。
形而上学的な観点であり、この問いはすごく難しいけれど、
この作品のテーマのひとつであったことは間違いないと思う。
妹の亜紀にも源氏名があり、祥太にいたっては父親の本名と同名であった。
果たして名前とは?

そして終盤で家族が離散した後、妹の亜紀が家に戻ったとき、
窓を明け中をのぞくと、閑散としたかつての家がそこにあった。
しかしある意味ではかつての家はそこに「なかった」ともとれる。
私たちにとって、家とは場所や空間などではなく、家族そのもの
だと暗に言っているようだった。
唐突で短時間でセリフもなく、表情すら読み取れない
シーン。しかしそこにピアノのBGMが挿入された。
強烈なメタファーを感じた。
果たして家とは?

総じて大変素晴らしい邦画であった。
世界で評価されたことにも納得できた。

か細く繋いだ平和の上に築かれた家族の生活を、誠実に描写した作品だった。フィクションだけど、現実にも十分あり得るシチュエーションで、社会保障のシステムが掬い取れない部分をあぶり出している。物語は、犯罪をせずにはいられなかった事情を綴りながらも、犯罪を重ねる”父親”へ抱く少年の不信感を最終打とし、家庭崩壊に決着する。

シーンごとの情報量が凄くて目が離せなかった。何気ないセリフや仕草、小物使いなどから、状況が読み取れるようになっている。何度もハッとさせられたし、「うわぁ」と声が出そうになった。愕然としている観客を尻目に、映画は淡々と進んでいく。

例えば、信代が職場の同僚と休憩時間を過ごしているシーン。世間話をする姿から、そこでの人付き合いの有り様が伺えるのだが、同時に「おたふく風邪」というワードが出て、自然と病気の危険に思い至るようにもなっている。
保険証が無く、医療費を賄うお金も無くて、どうするのだろう。ささやかな幸せに満ちた信代の家庭が、いかに脆いものであるか、どんどん知れてくる。

テーマの重要性もさることながら、受賞の理由は、この見せ方の巧みさではないだろうか。ふとした情景の連続で、これほどの奥行きを出すとは、お見事。
しかし、全てがさり気なく描かれているため、肝心な部分を見逃してしまうのかもしれない。そうとしか思えないレビューがいくつもあるし、自分も見返す度に新たな発見を重ねている。

パルム・ドール受賞、その後の日本アカデミー賞の総舐め、犯罪性の題名や是枝監督の尖った発言からの政府自民党との感情的対立がメディアやネットで囃し立てられた事など、諸々の事情が有ったのは知っていた。
だから今回、なるべく偏見や先入観もない状況で初めて観てみた。
結論は「観るべき映画」であり、「社会の見方に揺らぎを与えてくれる映画」だと思った。
傑作とか名作と呼ぶのとは一寸違う、どちらかと言えば社会問題を散文詩的に提起した勇気ある怪作だろう。何故ならば、普段の生活に慣れて世の安寧を享受している観客達の心を「それで良いのか」と掻きむしるのだから、説教を聞かされている気にもなる。
実態は犯罪者手記の再現ドラマなので、綺麗に纏められたエンディングは用意されず、様々なシナリオは途中でブツ切れで、登場した家族それぞれの生き方への評価や将来は観客の想像に委ねられる。情報量が限られる映画が小説以上に不親切なのは間違いないが、観客に行間を読ませる意図であり、娯楽作品ではない警鐘型の映画はそれでも構わない。
財政難からの公的支援制度や児童虐待保護の限界。都会では村社会が消えて久しく、世代間交流は消滅、核家族すら崩壊する現代において、我々が優先すべきは経済的成功か共生社会の確立か、その両方かと問い掛ける。その答えを考えろと製作側から観客側が説教されるのだから、金を出して観て損したと言う感想も正解だろう。少なくとも気持ち良くはない。
是枝監督の「海街Diary」「そして父になる」の作風は穏やかで刺激がない。でも狙いは過激そのもので、万民からの称賛や商業的成功を狙うよりも、世を憂う知識人からの評価や権威ある賞を味方にするための確信に満ちた闘争に見える。
本作は特に犯罪が絡むので、NHKドキュメンタリーですら深く扱えない社会弱者や貧困層の実態に光を当てるには映画という手段しかなく、監督にも構想に悩む時間と勇気が必要だったのだろうと推察する。行政のセーフティネットだけで解決できない現代社会に蔓延する精神的病理があるのは事実だ。
さて演出は、リリー・フランキー、安藤サクラ、樹木希林、松岡茉優の演技は何れも素晴らしい。特に安藤サクラの掴み所のない女の演技は其れだけで価値がある。女のズルさや逞しさ、優しさや深さには背筋がゾッとした程。また長めのカットや変幻自在のカメラワーク、衣裳演出も見応え充分。犯罪に慢性的に手を染める親の心理、契約家族と暮らす老人の幸福、社会の規定路線の息苦しさから逃れるために親への演技を止めた若者、純粋に愛されて生きたい子供達の心根が胸に刺さる。
PG12とは映倫もなかなか踏み込んだ判断だ。確かに中・高校生なら本作から何か感じるものが有るだろう。決して「万引きする家族」なのではなく「万引きで造られた家族」に語らせた監督の真意に気付く筈だ。
何かを貰える感動作や胸のすく痛快作でもないので、私もそう頻繁には観ないだろう。でもフランシス・コッポラのベトナム戦争映画「地獄の黙示録」を観るのと同じ主旨で時々観たいと思う。やはり人の罪深き業(ごう)を語る怪作の部類なのだ。

是枝監督の願いが観る者の胸に突き刺さる。
出演者たちの名演はすでに多数のメディアに語られている通り。
これほどの傑作を観もせずにタイトルだけで国辱と叩いた奴ら。普段どれだけ恵まれた、もしくは鬱屈した生活を送っているんだろうか。どこかから金でも出ていたか。

現代社会の病巣に鋭く切り込みつつ、全く難解さのないヒューマニズム溢れるタッチで淡々と紡がれるある一家族の描写は、観る者の感情を強く揺さぶる。
様々な問題提起をしつつも、この作品は単純な答えを用意していない。そりゃそうだ。現実がそうなんだから。

貧困、児童虐待、機能不全の司法。そして人と人との絆の在り方に思いを馳せつつ、少しでも世界が良い方向に向かう手伝いが自分に出来ないか、この映画を観て強く感じた。

この映画が大ヒットした現実、世界での高評価を見るにつけ、まだまだ世の中捨てたものじゃないなと感じるのは、楽観的過ぎるだろうか。

これほどの傑作が日本から生まれたことを、日本人なら誇りに思わなければならない。

最後に、樹木希林が演じたおばあちゃん。数年前に亡くなった自分の祖母に風貌がそっくりで、本当に驚いた。劇中での運命と、御本人が亡くなられたことも含めて、他人事とは全く思えない作品になりました。

 

映画「万引き家族」のあらすじ

実際にあった、親の死亡届を出さずに年金を不正に貰い続けていたある家族の事件をもとに、構想10年近くをかけて作られています。

脚本段階では子どもに「お父さん」「お母さん」と呼んでほしいと願う主人公の想いが重点的に描かれており、撮影中につけられていた映画のタイトルは『万引き家族』ではなく『声に出して呼んで』だったそうです。

 

以下あらすじです。

あらすじを見ずに映画「万引き家族」を楽しみたい方はコチラから

映画「万引き家族」を
無料お試し期間で無料視聴する

 

東京の下町に暮らす柴田治とその妻信代は、息子の祥太、信代の妹の亜紀、そして治の母の初枝と同居していた。家族は治と信代の給料に加え、初枝の年金と、治と祥太が親子で手がける万引きで生計を立てていた。しかし初枝は表向きは独居老人ということになっており、同居人の存在自体が秘密だった。5人は社会の底辺で暮らしながらも、いつも笑顔が絶えなかった。

ある冬の日、治は近所の団地の1階にあるバルコニー状の外廊下で、ひとりの幼い女の子が震えているのを見つけ、見かねて連れて帰る。夕食後、「ゆり」と名乗るその少女を家へ帰しに行った治と信代は、家の中から子どもをめぐる諍(いさか)いの声を聞く。結局「ゆり」は再度柴田家に戻された。体中の傷跡など「ゆり」に児童虐待の疑いがあることを見つけた信代は彼女と同居を続けることを決め、「誘拐ではないか」という亜紀に対して「脅迫も身代金の要求もしていないからこれは誘拐ではなく保護だ」と主張、「ゆり」は柴田家の6人目の家族となった。その矢先、治は職場で負傷して仕事ができなくなる。あてにした労災は下りなかった。連れ帰ってから2か月経っても「ゆり」に捜索願が出た形跡はなかったが、やがてテレビで失踪事件として報じられるところとなって、柴田家の一同は彼女の本当の名前が「北条じゅり」であることを知る。一家は発覚を遅らせるべく「ゆり」の髪を切って「りん」という呼び名を与え、祥太の妹ということにした。回復した治は仕事に戻ることなく、祥太との万引きを「りん」に手伝わせる。

柴田家の面々は表向きは普通の家族として暮らしながら、治と祥太の万引き以外にも、初枝はパチンコ店で他の客のドル箱を大胆にネコババし、祥太は「りん」を連れて近所の駄菓子屋で万引きを働き、信代はクリーニング店で衣服のポケットから見つけたアクセサリーなどをこっそり持ち帰るなど、亜紀を除く全員がなんらかの不正や犯罪に手を染めていた。一方、「りん」と柴田家の絆は次第に深まっていった。

夏を迎える頃、祥太はいつもの駄菓子屋で「りん」に万引きをさせたところ、年老いた店主からお菓子を与えられ「妹にはさせるなよ」という言葉をかけられた。そんな折、信代は勤め先から自分と同僚のどちらかの退職を迫られ、同僚との話し合いで「行方不明になっている女児(「りん」のこと)を連れているのを見た」と脅されて退職を余儀なくされる。一方初枝は前夫(作中では故人)が後妻との間にもうけた息子夫婦が住む家を訪れ、前夫の月命日の供養ついでに金銭を受け取っており、それが年金以外の収入「慰謝料」の正体であることがうかがわれた。そして初枝が義理の娘として同居している亜紀は実はこの息子夫婦の娘であることが明らかになる。夫婦は亜紀は海外留学中ということにしており、初枝と同居していることは「知らない」こととしていた。また亜紀には妹がいて、その名前は亜紀の源氏名と同じ「さやか」であることが明らかになる。その頃、「さやか」として性風俗店で勤務していた亜紀は常連客である「4番さん」とひそかに心を通わせていた。

夏になり、一家は海水浴に出かけ団欒を満喫する。「家族」の姿を楽しそうに眺める初枝であったが、その言動にはどこかおかしいところがあり病気からくるせん妄を思わせた。ほどなくして初枝は自宅で死去する。治と信代は自宅敷地内に初枝の遺体を埋め、「最初からいなかった」ことにした。信代は死亡した初枝の年金を不正に引き出す。家の中から初枝のへそくりを見つけだして大喜びする治と信代を、祥太は無言で見つめていた。祥太は治から「店の商品は、誰のものでもない(から取っても構わない)」と教えられていた。だが、治のパチンコ店での車上荒らしに同行した際に、「これは誰かのものではないの」と尋ね、積極的に手伝おうとしなかった。少しのち、祥太は「りん」と駄菓子屋に行ったが、「忌中」の紙が貼られ、閉店していた。その次に入った別のスーパーマーケットにおいて、「りん」が自らの意思で万引きを働こうとしたところ、それを見た祥太は「りん」から注意を逸らすためにわざと目立つようにミカンを万引きして逃走。店員の追跡をかわそうとするも高所から飛び降りた際に足を負傷、入院する。

一部始終を見届けた「りん」は治たちのもとに急ぐが、柴田家4人は祥太を捨て置き逃げようとしたところを警察に捕まり、これをきっかけにして家族は解体されてしまう。「りん」は本来の親のもとに戻され、それ以外の3人は取り調べを受けた。入院中の祥太も警察官に事情を聴取され、その際に他の家族が逃げようとしたことを伝えられる。取り調べの中で、治と信代は過去に殺人を犯していたこと、治は初枝の実際の息子ではなく前述の事情を抱えた彼を同居人として息子同然に迎え入れていたこと、祥太は治や信代に連れてこられたこと、治・信代・祥太らの名前は本名ではないことなどが明らかになる(つまり、”柴田家”は全員が血縁関係にない疑似家族であった)。信代は一家が抱えた犯罪はすべて自分の犯行として刑に服し、祥太は施設に入り、治は一人暮らしとなった。かつての自宅を訪れた亜紀は、もぬけの殻となった屋内をしばし眺めていた

治が「りん」=「ゆり」=「じゅり」を保護してから約1年後、学校に通うようになった祥太はテストでも優秀な成績を残し、釣りの知識も身に着けるなどたくましく成長していた。治は信代の依頼で祥太を連れて刑務所に面会に行く。面会の場で信代は祥太に、治が松戸市にあるパチンコ店の駐車場で車上荒らしをしようとした際に、密閉された車内に置き去りにされてぐったりしていた幼い祥太を助けて連れてきたことをその自動車の情報を交えて伝え、情報を手掛かりに「その気になれば本当の両親に会える」と話す。その夜、祥太は治の家に泊まり、自分を置いて逃げようとしたことの真偽を治に問うと、治はそれを認めて「おじさんに戻る」と答えた。翌朝、祥太はバス停での別れ際に「自分はわざと捕まった」と治に話す。バスを追いかける治を車内から見つめる祥太は、治に向かって何かを呟いた。一方、本当の両親のもとへ戻された「じゅり」は、再び虐待の被害者になっていた。ある日、治に発見されたときと同じ外廊下で独り遊びをしていたところ、ふと何かに気付いたように塀から身を乗り出しつつ見入る「じゅり」もまた、何かを呟こうとしていた。

映画「万引き家族」を
無料お試し期間で無料視聴する

 

映画「万引き家族」のキャスト・スタッフ

  • 映画「万引き家族」のキャスト

柴田治
演 – リリー・フランキー

柴田信代
演 – 安藤サクラ

柴田亜紀
演 – 松岡茉優

柴田祥太
演 – 城桧吏

ゆり(りん、北条じゅり)
演 – 佐々木みゆ

柴田初枝
演 – 樹木希林

4番さん
演 – 池松壮亮

柴田譲
演 – 緒形直人

柴田葉子
演 – 森口瑤子

柴田さやか
演 – 蒔田彩珠

北条保
演 – 山田裕貴

北条希
演 – 片山萌美

JK見学店 店長
演 – 黒田大輔

根岸三都江
演 – 松岡依都美

クリーニング店 店主
演 – 清水一彰

山戸頼次
演 – 柄本明

米山
演 – 井上肇

日雇い派遣の管理者
演 – 毎熊克哉

前園巧
演 – 高良健吾

宮部希衣
演 – 池脇千鶴

ニュースキャスター
演 – 笠井信輔

ニュースキャスター
演 – 三上真奈

 

  • 映画「万引き家族」のスタッフ

監督・脚本・編集 – 是枝裕和
製作 – 石原隆、依田巽、中江康人
プロデューサー – 松崎薫、代情明彦、田口聖
アソシエイトプロデューサー – 大澤恵、小竹里美
撮影 – 近藤龍人
照明 – 藤井勇
録音 – 冨田和彦
美術 – 三ツ松けいこ
装飾 – 松葉明子
衣装 – 黒澤和子
ヘアメイク – 酒井夢月
音響効果 – 岡瀬晶彦
音楽 – 細野晴臣
助監督 – 森本晶一
キャスティング – 田端利江
制作担当 – 後藤一郎
ラインプロデューサー – 熊谷悠
製作 – フジテレビジョン、AOI Pro.、ギャガ
製作プロダクション – AOI Pro.
配給 – ギャガ

 

最後に:映画「万引き家族」を無料で視聴するにはU-NEXTがオススメ!

映画「万引き家族」はU-NEXTの「無料お試しキャンペーン」で視聴するのがオススメです!

U-NEXTの「無料お試しキャンペーン」は登録すると初回の人は下の特典がもらえます。

【U-NEXTの特典】

  • 月額使用料が31日間無料
  • 600ポイント貰える
  • 対象の動画が見放題

 

U-NEXTなら見放題で、さらに期間内に解約すれば 使用料は一切かからないというメリットもあります。

登録方法も簡単なのでU-NEXTの「無料お試しキャンペーン」、是非試してみてくださいね!

映画「万引き家族」を
無料お試し期間で無料視聴する

U-NEXTのサイトはコチラ