動画

映画「いつまた、君と 何日君再来」のフル動画を無料で視聴する方法、あらすじや感想も【向井理出演】

 

ー この手記は、彼女の”思い出”を記した 愛する家族の実話 ー

 

戦争と言う時代の波に翻弄されながら

二人は中国そして日本各地を移り住み、貧しくも明るく生きていったーー

 

2017年6月24日に公開された

映画「いつまた、君と 何日君再来」

今回はこの映画「いつまた、君と 何日君再来」を無料で視聴する方法です。

 

映画「いつまた、君と 何日君再来」をU-NEXTで無料で視聴する

映画「いつまた、君と 何日君再来」は現在U-NEXTでレンタル料無しの見放題となっています。

※本ページの情報は2019年9月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

 

この見放題はU-NEXTの31日間無料のお試しキャンペーンに対応しているため、

映画「いつまた、君と 何日君再来」のフル動画を無料で視聴するなら、U-NEXTの無料キャンペーンがオススメです!

U-NEXTに新規登録しても無料期間中に解約すれば料金は一切かかりません。

映画「いつまた、君と 何日君再来」を
無料おためし期間で無料視聴する

U-NEXTのサイトはコチラ

 

というわけ

映画「いつまた、君と 何日君再来」フル動画は
「U-NEXT」で見ることが可能です。

U-NEXTには31日間無料のお試しキャンペーンがあり
有料対象の映画作品でも
お試し期間中に付与される600ポイントを使えば
ポイントを使って無料で見ることができます。

U-NEXTのポイント付き31日無料キャンペーンはコチラ

「U-NEXT」は
見放題作品が中心の日本最大級の動画配信サイトです。

無料期間内に解約すれば完全無料となり
一切料金がかかりません。

 

\U-NEXTの特徴/

月額1,999円を31日間無料で試せる!
登録時に600ポイントもらえる!
ポイントを使って、好きな映画(動画)を無料で見れる!
期間内に解約すれば使用料は0円!
動画本数12万本以上!
新作映画の配信が早い!

映画「いつまた、君と 何日君再来」を
無料おためし期間で無料視聴する

 

TSUTAYA TVで無料期間にもらえる1,080円分のポイントを使って実質無料で映画「いつまた、君と 何日君再来」を視聴する

TSUTAYA TVでは映画「いつまた、君と 何日君再来」は有料レンタルと言った形をとっています。

TSUTAYA TVでは新規登録すると、30日間の無料お試し期間がついてきて、無料期間中に付与されるポイント「1,080ポイント」を使いレンタル料を0円にして見ることができます。

おすすめは「定額レンタル8+動画見放題プラン」です。TSUTAYAのDVDを8枚まで借りながら、動画配信サービスも楽しめるお得なプランです。

TSUTAYA TVでは、映画「いつまた、君と 何日君再来」は500ポイントなので、ポイント利用でもう一本お好きな映画を楽しめます。

※30日間の無料トライアル中で解約すれば料金はかかりません。

TSUTAYA TVの無料期間を試してみる

クリックするとTSUTAYA公式HPに移動します
無料体験はいつ終了するかわからないのでお早めに

 

映画「いつまた、君と 何日君再来」の感想

向井理さんのお婆様の話ですが、当時向井青年がこの話に出会った時は、身内の話というよりはもっと客観的な戦中戦後の話として衝撃だったんじゃないでしょうか?

向井さんは以前にもいくつか戦争を題材にした作品に出ていますが、非常に感情移入されている気がしてましたが、こういう背景があったからかもしれませんね。

お爺様は結果的に大成功したわけでもなく亡くなってしまうわけですが、こういう方が大部分で水木しげるさんのように大成功を収めて亡くなる人はごく一部。しかしこういう大部分の方々のお陰で我々は生きているということは忘れてならないことだと思います。

この作品は向井さんのお爺様の話を越えた、誰にでも当てはまる市井の人の話でもあると思います。幸せとは何か、戦争の悲惨さ、信念に生きるとは何かを考えさせられる作品です。

プロローグだけのつもりが、いつのまにか引き込まれていた
胸が熱くなって、涙がこみあげて嗚咽にかわった
こころが・・・ふるえた

これは戦争に翻弄された全ての家族の話でもある
今の不安定な世界情勢、日本のトップも戦後生まれ、だからこそ
戦争に対する嫌悪の気持ちを、こういった実話から感じ取らなければ

映画「いつまた、君と 何日君再来」を今日も観てきた。これで7回目、私の地方では今日(7月23日)が最後の上映だった。こういう映画こそ、ロングラン上映して欲しかった。後世に残すべき作品なのに・・・戦争を忘れる事の恐ろしさを感じた
泣いた。途中から嗚咽に変わった。周りも泣いていた。切なくて温かくて本当にいい映画だった。ここ何年かで一番心にしみた映画だと思う。もっともっと観たかった。朋子と吾郎と子供たちを もっと観ていたかった。

6月24日に封切られた映画「いつまた、君と 何日君再来」を見てきました。今から2世代ほど上の、第二次世界大戦~戦後の激動の時代を生き抜いてきた家族のファミリーヒストリーを取り上げたヒューマンドラマです。

これが、予想に反して物凄く良い映画だったんです。有名人でもなく、どこにでもいるような一般人の昭和時代を切り取ったホームドラマの何が面白いんだろう、と、当初完全にノーマークだったんですが、試しに買ってみたノベライズ小説を読んで「これは・・・」と気が変わり、そして見てきてびっくり!良い作品でした!

「事実は小説より奇なり」とは良く言いますが、多少脚色されているにしても、終戦直後の芦村家の過酷な生活と、そこで育まれたお互いを思いやる家族愛の強さに強いドラマ性を感じました。

働いている独身女性です。
子供よりも、お母さんよりも、お父さんに一番感情移入しました。
何をやってもすぐそこそこの頭角は表すのに、本当に本人には関係のない運で全部チャラになってしまう。
自分主体の人生を生きる上で、単なる不運を不運と捉えきれず、自分のせいにして苦しむ辛さは今を生きる多くの日本人なら絶対に共感できるはず。
理想を追い求めるあまり学校を辞めたり、意識高い系の仕事に就いたりから、満州引き上げ・妻の実家に世話になるというくだりでもう十分じゃない?と感じてしまいました。
そこからもどんどん不運に見舞われるわけですが、妻の父親から、先祖代々、他人を泣かせてのさばってきたからあんたにカルマが回って来たんだ!みたいなことを言われてて、本当にそうなんじゃないかと思ってしまいました。
大抵の映像作品や小説では、これでもかという程不幸を経験した人が、最後に「でも、それが幸せだった。」的な事をよく言っていて、この映画でも言っているわけですが、個人的には負け惜しみにしか感じません。

 

映画「いつまた、君と 何日君再来」のあらすじ

向井理が映画化に向け、7年の歳月を掛け企画してきた意欲作です。

81歳になった芦村朋子は、不慣れな手つきでパソコンに向かい、亡くなった夫・吾郎との思い出を手記として記録していた。しかし、朋子は突然病に倒れてしまう。

そんな朋子の代わりに、孫の理が「何日君再来」と題された祖母の日記をまとめていくことに。

 

以下あらすじです。

あらすじを見ずに映画「いつまた、君と 何日君再来」を楽しみたい方はコチラから

映画「いつまた、君と 何日君再来」を
無料おためし期間で無料視聴する

 

主人公・芦村朋子が、慣れないパソコンで地道に綴っていた手記……。それは、今は亡き夫・吾郎と過ごした50年の思い出でした。朋子は娘に自分と夫の歩んできた道を知ってもらおう手記をしたためていたのですが、突然病で倒れたことにより、代わりに孫の向井理がその手記を打ち直し、1冊の本にまとめることを決意します。

そこで理は、祖父と祖母が過ごした時間を初めて知ることに。戦時中から戦後、さらにその後の激動の時代を懸命に生き抜いた祖父と祖母のたくましい姿、さらに二人の子供、そして孫の自分へと繋がる愛と絆の物語が綴られていたのです。

南京へ行くことになった夫・吾郎についていき、1946年中国・上海から日本へ戻ってきた朋子たち夫婦は、朋子の地元に戻ってくるも不器用な吾郎は朋子の家族から受付られず「嫁さんの畑を当てにするような婿に見下される覚えはない!」と言われてしまう始末。

そんな理の祖父にあたる吾郎は真面目で誠実な男で、家族の大黒柱として家族を守ろうと必死でした。また、それを献身的に支える朋子は、職もあり食べるものもある自分の実家を出て家族4人で暮らそうと話しを持ちかけます。

中国、そして日本各地を移り住み、貧しくも明るく暮らす家族に可愛らしい女の子が誕生。それが理の母でした。親から子へ子から孫へ受け継がれていく愛の物語です。

映画「いつまた、君と 何日君再来」を
無料おためし期間で無料視聴する

 

映画「いつまた、君と 何日君再来」のキャスト・スタッフ

  • 映画「いつまた、君と 何日君再来」のキャスト

芦村朋子(過去) / 尾野真千子

芦村吾郎 / 向井理

芦村朋子(現代) / 野際陽子

芦村真美 / 岸本加世子

高杉幹夫 / 駿河太郎

芦村忠 / イッセー尾方

芦村理 / 成田偉心

引き上げ船の乗客 / 片桐はいり

 

  • 映画「いつまた、君と 何日君再来」のスタッフ(映画)

原作:芦村朋子「何日君再来」
企画:向井 理
監督:深川栄洋
脚本:山本むつみ
音楽:平井真美子
主題歌:「何日君再来」 高畑充希(ワーナーミュージック・ジャパン)
ノベライズ:『いつまた、君と ~何日君再来~』(朝日文庫刊)

 

最後に:映画「いつまた、君と 何日君再来」を無料で視聴するにはU-NEXTがオススメ!

映画「いつまた、君と 何日君再来」はU-NEXTの「無料お試しキャンペーン」で視聴するのがオススメです!

U-NEXTの「無料お試しキャンペーン」は登録すると初回の人は下の特典がもらえます。

【U-NEXTの特典】

  • 月額使用料が31日間無料
  • 600ポイント貰える
  • 対象の動画が見放題

 

U-NEXTなら見放題で、さらに期間内に解約すれば 使用料は一切かからないというメリットもあります。

登録方法も簡単なのでU-NEXTの「無料お試しキャンペーン」、是非試してみてくださいね!

映画「いつまた、君と 何日君再来」を
無料おためし期間で無料視聴する

U-NEXTのサイトはコチラ