動画

映画「ダークナイト」のフル動画を無料で視聴する方法、あらすじや感想も【映画「ジョーカー」公開決定!】

 

ー ”狂気”は重力のようなもの、人はひと押しで落ちていく。 ー

 

アカデミー賞受賞。映画史に残る最凶の“悪”と、驚愕の映像世界を刮目せよ!

 

アメリカでは2008年7月18日、日本では2008年8月9日に公開された

映画「ダークナイト」

今回はこの映画「ダークナイト」を無料で視聴する方法です。

 

映画「ダークナイト」をU-NEXTで無料で視聴する

映画「ダークナイト」は現在U-NEXTでレンタル料無しの見放題となっています。

※本ページの情報は2019年9月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

 

この見放題はU-NEXTの31日間無料のお試しキャンペーンに対応しているため、

映画「ダークナイト」のフル動画を無料で視聴するなら、U-NEXTの無料キャンペーンがオススメです!

U-NEXTに新規登録しても無料期間中に解約すれば料金は一切かかりません。

映画「ダークナイト」を
無料お試し期間で無料視聴する

U-NEXTのサイトはコチラ

 

というわけ

映画「ダークナイト」フル動画は
「U-NEXT」で見ることが可能です。

U-NEXTには31日間無料のお試しキャンペーンがあり
有料対象の映画作品でも
お試し期間中に付与される600ポイントを使えば
ポイントを使って無料で見ることができます。

U-NEXTのポイント付き31日無料キャンペーンはコチラ

「U-NEXT」は
見放題作品が中心の日本最大級の動画配信サイトです。

無料期間内に解約すれば完全無料となり
一切料金がかかりません。

 

\U-NEXTの特徴/

月額1,999円を31日間無料で試せる!
登録時に600ポイントもらえる!
ポイントを使って、好きな映画(動画)を無料で見れる!
期間内に解約すれば使用料は0円!
動画本数12万本以上!
新作映画の配信が早い!

映画「ダークナイト」を
無料お試し期間で無料視聴する

 

TSUTAYA TVで無料期間にもらえる1,080円分のポイントを使って実質無料で映画「ダークナイト」を視聴する

TSUTAYA TVでは映画「ダークナイト」は有料レンタルと言った形をとっています。

TSUTAYA TVでは新規登録すると、30日間の無料お試し期間がついてきて、無料期間中に付与されるポイント「1,080ポイント」を使いレンタル料を0円にして見ることができます。

おすすめは「定額レンタル8+動画見放題プラン」です。TSUTAYAのDVDを8枚まで借りながら、動画配信サービスも楽しめるお得なプランです。

TSUTAYA TVでは、映画「ダークナイト」は500ポイントなので、ポイント利用でもう一本お好きな映画を楽しめます。

※30日間の無料トライアル中で解約すれば料金はかかりません。

TSUTAYA TVの無料期間を試してみる

クリックするとTSUTAYA公式HPに移動します
無料体験はいつ終了するかわからないのでお早めに

 

映画「ダークナイト」の感想

何度目かの視聴です。しかし、何度観ても、そのクオリティは圧倒的。
ヒーロー映画の枠を超えた傑作と言えます。
監督クリストファー・ノーランと俳優ヒース・レジャーが生み出したジョーカーが何よりも魅力的です。
最高の悪役であり、混沌を生み出す悪魔であり、人間の弱い正義心を簡単に裏返すメフィストフェレス。
ヒース・レジャーは、撮影前にホテルに1か月ひとり引きこもり、ジョーカー独特の声や笑い方を作り上げたそうです。
ジョーカーの口裂けメイクも、ヒース自身が考えたと聞きました。
今作は、ダークナイトシリーズの2作目ですが、単独の作品としても十分楽しめます。
ヒース・レジャーの夭逝が何よりも惜しまれます。

嫉妬や憎悪、恐怖や独占欲など、人類の大罪を封じるために歴史が造り上げた社会秩序や法治をことごとく破壊し、人々を相互不信の暗闇に引き戻す事だけが目的の狂気の悪魔。
ヒース・レジャーが怪演したジョーカーは、これまで見た生身の人間の悪役の中で最凶の犯罪者だ。
高度知能と心理操作術により計算された行動は常に警察の上を行き、誰にも止められない。異様な恐怖を脳裏に焼き付ける現代のモンスターを産み出した本作は、全編がナイフの如く美しい。
その黒い狂気と対峙するには、黒い正義しか無い。法手続きによる白い正義が邪魔になるのなら、黒は黒で止める。もはやゴッサム・シティは光の騎士ハービー・デントの出る幕をとうに過ぎた狂気の戦場なのだと訴える。
現代社会でも紛争が続く国や地域があるが、憎悪に駆り立てられた人間同士の戦いは、まさにジョーカーとの終わりのない戦いそのものだ。
前作からレイチェル役が交代した点を除けば、バットマンとフォックスの最新装備も良く練られており、圧倒的な破壊と狂気のリアリズムに誰もが震撼する非の打ち所がない怪作。「ダークナイト・ライジング」と並ぶ近未来HEROアクション映画の最高傑作だ。

クリストファー・ノーランは鬼才・天才、ヒット作を何作も生み出し続ける現代最高の映画監督の一人である。
中でも本作はノーランの最高傑作といっても過言ではなかろう。
映画会社の重鎮達を一時間にわたって「俺にバットマンを撮らせて欲しい」と説得して作ったそうな。
テーマは差し詰め、正義と悪は紙一重、一枚のコインの裏表のようなもの、どっちに転ぶかは運次第?、といったところか。
それにしても、よく言われるように、今は亡きヒース・レジャー演ずるジョーカーの出来栄えは凄まじい。
先代ジョーカー役のジャック・ニコルソンはヒース・レジャーに「あまり役にのめり込むな」と忠告したらしいが、これほどの大役を、演技派を標榜してやまないヒースにとっては、あっさり演ずるわけにはいかなかったのだろう、あまりにすごすぎるジョーカーを演じきってみせた。一体あの声、本人の普通の声と全然違うんだけど、どこからどうやって出してんだ?w
その半端ないジョーカーもそうだけど、安易にCGに頼るのが大嫌いのノーラン、この作品でも大型トレーラを縦方向にド派手にひっくり返したり、本当に病院建物を爆破解体したりと、ど派手・ど迫力映像をこれでもかと見せつけてくれる。
ともかく、映画史上に残る傑作の一つであることは間違いない。
なお、その病院爆破でジョーカーが、病院の爆破が止まったのに慌ててリモコンスイッチを弄るシーンがあって、それがヒース・レジャーのアドリブ演技だという説がネットを中心に広まっているようですが、それはデマなんだってさ。

善悪両方が特殊な能力を持たない人間で表裏一体を成していることで他のアメコミのヒーロー対ヴィランとは違う渋味を出しているのが「バットマン」という作品の魅力であると思っています。
バットマンはハイテク機器を用いて戦うセレブヒーローであるが、似た設定のマーブルヒーローのアイアンマンほど派手ではない…しかしながらも凄味のあるヒーローです。(アイアンマンが悪い嫌いとう言うわけではないです。あちらは違う良さがあるので私も好きな作品です)
一方のジョーカーは異常なまでの狂気に身を任せてしまった、タガの外れただたの悪党で特殊能力もハイテク装備さえもない上に、真正面から戦えばバットマンに負けてしまう「ただの人間」であるにも関わらずバットマンをその「狂気」のみで追い詰め致命傷を負わせる程に厄介な他に類を見ないヴィランです。
しかしこの設定は悪役側からすれば力押しが出来ず、作品を描くのにかなり苦戦するはずですが、この映画ではそれを見事に描いています。狂気からなる予測不可な行動と手段で人間の闇の部分を利用しバットマンを追い詰めるジョーカー、追い詰められ犠牲を払い痛めつけられ自分の信念にさえ疑問を抱かされながらもジョーカーと戦うバットマン、善悪両方に非常に魅了されます。
初代映画版ジョーカーのジャック・ニコルソンの怪演にも勝るとも劣らないヒース・レジャーの演技によって実現したこの映画を見るたびに、彼の死が惜しくてならない気分になります。無論、彼のみでこの映画が成立しているわけではありません、ヒース・レジャーの演技に負けない他の演者の演技力からなる魅力的なキャラクター、魅せ方を十分に分かっている製作陣の力が合わさり傑作として完成しています。

 

映画「ダークナイト」のあらすじ

DCコミックスの出版するアメリカン・コミック『バットマン』を原作とした実写映画作品。

『バットマン ビギンズ』に続く「ダークナイト・トリロジー」の第2作目。

バットマンの実写映画作品としては累計で第6作品目となります。

 

以下あらすじ(※ネタバレあり)です。

あらすじを見ずに映画「ダークナイト」を楽しみたい方はコチラから

映画「ダークナイト」を
無料お試し期間で無料視聴する

 

道化師のマスクを被った犯罪者の一団がゴッサム・シティ銀行を襲うが、一団は互いに裏切りあって最後の一人になるまで殺し合う。生き残った男はジョーカーであり、銀行に預けられていたマフィアの資金を奪って逃走する。

ブルース・ウェインことバットマン、地方検事のハービー・デント、ゴッサム市警のジム・ゴードンの三人は、ゴッサムから組織犯罪を無くすため活動していた。ブルースはハービーの理想に感銘を受け、彼のキャリアをサポートする一方、堂々と悪と戦うハービーこそがゴッサムの求める真のヒーローであると考え、バットマンの引退を考えていた。ブルースは幼なじみで検事のレイチェル・ドーズに想いを寄せているが、レイチェルの気持ちはブルースとハービーの間で揺れていた。

マフィアたちが集まり、サルバトーレ・マローニ、ギャンボル、チェチェン人ボス、会計士のラウが会議を始める。ラウは自身に危険が及ぶのを察知して香港に逃亡したためテレビ通話で参加したが、会議にジョーカーが現れ、バットマンは法律によって妨げられないことを警告する。ジョーカーはマフィアの資金の半分と引き換えにバットマンを殺す事を提案する。ギャンボルはジョーカーの態度に腹を立て、懸賞金をかける。しかし、会議後に彼はジョーカーによって殺されてしまい、ジョーカーが彼の組織を引き継ぐ。最終的にマフィアはジョーカーの提案を受け入れる。

バットマンはラウを香港で見つけ、マフィアに不利な証言をさせるために彼をゴッサムに連れ帰り、警察はラウの証言から多くのマフィアを逮捕する。しかし、ジョーカーはテレビを通じてバットマンが正体を明らかにしない限り、人々を殺し続けると脅迫する。バットマンの仮装をした男の死体をビルから晒し、警察本部長のジリアン・ローブ、裁判長、ハービーの殺害を示唆する。その後ローブ、裁判長の二人が殺され、ブルースがハービーのために開いたパーティー会場にジョーカーがやってくる。ブルースはバットマンとなり、ジョーカーに突き落とされたレイチェルを救う。ジョーカーは次に市長のアンソニー・ガルシアの殺害を暗示。ローブの葬儀パレードでジョーカーはガルシアを殺そうとするが、ゴードンが暗殺を阻止すると同時に犠牲になる。

追い詰められたブルースは、これ以上の犠牲者を出さないためにハービーの会見で正体を明らかにする事を決めるが、ハービーは自分がバットマンだと発表する。ハービーは警察に連行される事になるが、ジョーカーが現れて護送する輸送隊を攻撃する。ハービーを救出するためにバットマンが駆けつけ、死を装っていたゴードンによりジョーカーは逮捕され、作戦の立役者としてゴードンは本部長に昇進する。レイチェルとハービーはマイケル・ワーツ刑事とアンナ・ラミレス刑事に付き添われる。

バットマンはジョーカーを尋問するが、彼からレイチェルとハービーの二人が誘拐され、ガソリンタンクと爆弾が詰められた別々の場所で窮地に陥っている事を聞かされる。ゴードンはハービーの救出に向かい、バットマンはレイチェルを救うために建物に急行するが、そこに捕らわれていたのはハービーで、ジョーカーが逆の監禁場所を教えていたと理解する。バットマンはハービーを倉庫から連れ出そうとするが、両方の建物が爆発してレイチェルは死に、脱出したハービーも顔の半分を火傷で損なう。ジョーカーは捕まった仲間の腹に詰め込んでいた爆弾を爆破し、警察署に留置されていたラウを連れて逃亡する。ジョーカーは受け取った資金とラウを燃やし、チェチェン人ボスを殺害する。

ウェイン産業の会計士であるコーマン・リースは、ブルースがバットマンであると推測し、ルーシャス・フォックスを脅して金をせしめようと画策するが、彼の言葉から報復を恐れて取り止める。リースは、今度はメディアを通じて情報を公開しようとするが、ジョーカーは自身の計画に干渉されたくないため、リースを殺さない限り病院を爆破すると脅迫する。そこでゴードンはゴッサムのすべての病院の避難を命じてリースを確保する。素顔のウェインは、ワゴンで護送中のリース会計士に対するトラックによる体当たり攻撃を、自らのランボルギーニ・ムルシエラゴLP640を間にねじ込むことによって阻止する。

ジョーカーはハービーのレイチェルの死に対する復讐心から彼の行動を操る。そして、ジョーカーは病院を爆破して人質を乗せたバスで逃亡する。ハービーはコイントスに基づき、レイチェルの死に対して責任があるとみなす人々を対象にした大量殺人を開始する。コイントスにより自身を誘拐したワーツは死に、レイチェルを誘拐したラミレスは助かる。ハービーはマローニを殺さなかったものの、代わりに車のドライバーを撃ち、彼を殺した。

ジョーカーは人質にしたテレビスタッフに中継を強要してゴッサムの市民に向けてゲームの参加を呼びかけ、参加したくなければ街を出ていくよう主張する。警察は橋に爆弾を仕掛けたというジョーカーの言葉からフェリーを用意する。ジョーカーは2隻のフェリーに爆薬を積み込む。一般人が乗る船と囚人が乗る船にジョーカーから連絡が入り、12時に両方のフェリーを吹き飛ばすが、お互いにスイッチを持たせたため、どちらかを爆破させれば助かると言う。バットマンは都市をスパイするソナー装置でジョーカーを見つける。フェリーに乗る両者は互いを殺すことを拒否する。そして、戦いの後にバットマンはジョーカーを逮捕する。ジョーカーは警察に捕らえられる前に、ゴッサムを絶望させる切り札はハービーであることを明かす。

ゴードンとバットマンはレイチェルが死んだ建物に到着する。そこで、ハービーはコイントスによって自身、ゴードン、バットマンの運命を試そうとする。彼はバットマンを撃ち、ゴードンの息子を殺そうとする。バットマンはコインを弾く隙を突いてハービーに組み付き、ゴードンの息子を救ったが、バットマンと高所から共に落下したハービーは死亡する。バットマンはハービーの行動が公になればゴッサムの市民が希望を失うため、その罪を被る。それによって、警察はバットマンの本格的な捜査を開始し、ゴードンはバットマンとの決別の為、バット・シグナルを破壊する。

ゴードンの息子がバットマンは何も悪い事をしていないと言うと、ゴードンは「彼はヒーローじゃない。沈黙の守護者。我々の監視者。闇の騎士(ダークナイト)だ」と告げて物語は終わる。

映画「ダークナイト」を
無料お試し期間で無料視聴する

 

映画「ダークナイト」のキャスト・スタッフ

 

  • 映画「ダークナイト」のキャスト
役名 俳優 日本語吹替
ソフト版 テレビ朝日版
ブルース・ウェイン / バットマン クリスチャン・ベール 檀臣幸 藤真秀
ジョーカー ヒース・レジャー 藤原啓治 大塚芳忠
ハービー・デント / トゥーフェイス アーロン・エッカート 木下浩之 井上和彦
レイチェル・ドーズ マギー・ジレンホール 本田貴子 岡寛恵
アルフレッド・ペニーワース マイケル・ケイン 小川真司 糸博
ジェームズ・“ジム”・ゴードン ゲイリー・オールドマン 納谷六朗 立木文彦
ルーシャス・フォックス モーガン・フリーマン 池田勝 坂口芳貞
バーバラ・ゴードン メリンダ・マックグロウ 鵜飼るみ子 山像かおり
ジェームズ・“ジミー”・ゴードン・Jr ネイサン・ギャンブル 武田華 小林由美子
アンソニー・ガルシア市長 ネスター・カーボネル 上田燿司 江原正士
ギリアン・B・ローブ市警本部長 コリン・マクファーレン 石住昭彦 楠見尚己
サリロ判事 ニディア・ロドリゲス・テラチナ 新田万紀子 桜井ひとみ
アンナ・ラミレス刑事 モニーク・ガブリエラ・カーネン 朴璐美 東條加那子
ジェラルド・スティーブンズ刑事 キース・ザラバッカ 大林隆介 金尾哲夫
マイケル・ワーツ刑事 ロン・ディーン 遠藤純一 楠見尚己
コールマン・リース ジョシュア・ハート 遊佐浩二 村治学
マイク・エンゲル アンソニー・マイケル・ホール 樫井笙人 内田直哉
サルバトーレ・マローニ エリック・ロバーツ 山野井仁 佐々木勝彦
ラウ チン・ハン 伊丸岡篤 横堀悦夫
ギャンボル マイケル・ジェイ・ホワイト 楠大典 大友龍三郎
チェチェン人ボス リッチー・コスター 土田大 斎藤志郎
ジョナサン・クレイン / スケアクロウ キリアン・マーフィー 遊佐浩二 諏訪部順一
銀行支店長 ウィリアム・フィクナー 伊丸岡篤 横島亘
ドーピー マイケル・ストヤノフ 遠藤大輔 青山穣
グランピー ダニー・ゴールドリング 石住昭彦 志村知幸
ハッピー ウィリアム・スマイリー 間宮康弘 加藤拓二
チャクルズ マシュー・オニール 原田晃 竹田雅則
ロッシ マイケル・ヴィオー 樫井笙人 間宮康弘
ナターシャ ベアトリス・ローゼン 不明 たなか久美
フリール裁判長 パトリック・クリア 石住昭彦 長克巳

テレビ朝日版:初回放送2012年6月24日21:00~23:24(本編約120分)『日曜洋画劇場』

 

  • 映画「ダークナイト」のスタッフ

監督
クリストファー・ノーラン

脚本
クリストファー・ノーラン
ジョナサン・ノーラン

原案
デヴィッド・S・ゴイヤー
クリストファー・ノーラン

原作
ボブ・ケイン
ビル・フィンガー『バットマン』

製作
クリストファー・ノーラン
チャールズ・ローヴェン
エマ・トーマス

製作総指揮
ベンジャミン・メルニカー
マイケル・E・ウスラン
ケビン・デ・ラ・ノイ
トーマス・タル

音楽
ハンス・ジマー
ジェームズ・ニュートン・ハワード

撮影
ウォーリー・フィスター

編集
リー・スミス

製作会社
レジェンダリー・ピクチャーズ
シンコピー・フィルムズ

配給
ワーナー・ブラザース

 

最後に:映画「ダークナイト」を無料で視聴するにはU-NEXTがオススメ!

映画「ダークナイト」はU-NEXTの「無料お試しキャンペーン」で視聴するのがオススメです!

U-NEXTの「無料お試しキャンペーン」は登録すると初回の人は下の特典がもらえます。

【U-NEXTの特典】

  • 月額使用料が31日間無料
  • 600ポイント貰える
  • 対象の動画が見放題

 

U-NEXTなら見放題で、さらに期間内に解約すれば 使用料は一切かからないというメリットもあります。

登録方法も簡単なのでU-NEXTの「無料お試しキャンペーン」、是非試してみてくださいね!

映画「ダークナイト」を
無料お試し期間で無料視聴する

U-NEXTのサイトはコチラ