動画

映画「ビブリア古書堂の事件手帖」のフル動画を無料で視聴する方法、あらすじや感想も【黒木華・野村周平主演】

 

ー 彼女がその本に触れた時、秘密が目を覚ます ー

 

2冊を結ぶ、秘密の恋ーー

本に導かれ過去と未来が交差する、極上の感動ミステリー。

 

2018年11月1日に公開された

映画「ビブリア古書堂の事件手帖」

今回はこの映画「ビブリア古書堂の事件手帖」を無料で視聴する方法です。

 

映画「ビブリア古書堂の事件手帖」をU-NEXTで無料で視聴する

映画「ビブリア古書堂の事件手帖」は現在U-NEXTで無料お試し期間中に無料で付与されるポイントを使えば視聴することができます。

なので

「有料レンタル動画を無料で視聴したい!」というのであれば

無料で付与されるポイントで視聴できるU-NEXTがオススメです!

U-NEXTに新規登録しても無料期間中に解約すれば料金は一切かかりません。

※本ページの情報は2019年9月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

映画「ビブリア古書堂の事件手帖」を
無料お試し期間で無料視聴する

U-NEXTのサイトはコチラ

 

というわけ

映画「ビブリア古書堂の事件手帖」フル動画は
「U-NEXT」で見ることが可能です。

U-NEXTには31日間無料のお試しキャンペーンがあり
有料対象の映画作品でも
お試し期間中に付与される600ポイントを使えば
ポイントを使って無料で見ることができます。

U-NEXTのポイント付き31日無料キャンペーンはコチラ

「U-NEXT」は
見放題作品が中心の日本最大級の動画配信サイトです。

無料期間内に解約すれば完全無料となり
一切料金がかかりません。

 

\U-NEXTの特徴/

月額1,999円を31日間無料で試せる!
登録時に600ポイントもらえる!
ポイントを使って、好きな映画(動画)を無料で見れる!
期間内に解約すれば使用料は0円!
動画本数12万本以上!
新作映画の配信が早い!

映画「ビブリア古書堂の事件手帖」を
無料お試し期間で無料視聴する

 

TSUTAYA TVで無料期間にもらえる1,080円分のポイントを使って実質無料で映画「ビブリア古書堂の事件手帖」を視聴する

TSUTAYA TVでは映画「ビブリア古書堂の事件手帖」は有料レンタルと言った形をとっています。

TSUTAYA TVでは新規登録すると、30日間の無料お試し期間がついてきて、無料期間中に付与されるポイント「1,080ポイント」を使いレンタル料を0円にして見ることができます。

おすすめは「定額レンタル8+動画見放題プラン」です。TSUTAYAのDVDを8枚まで借りながら、動画配信サービスも楽しめるお得なプランです。

TSUTAYA TVでは、映画「ビブリア古書堂の事件手帖」は500ポイントなので、ポイント利用でもう一本お好きな映画を楽しめます。

※30日間の無料トライアル中で解約すれば料金はかかりません。

TSUTAYA TVの無料期間を試してみる

クリックするとTSUTAYA公式HPに移動します
無料体験はいつ終了するかわからないのでお早めに

 

映画「ビブリア古書堂の事件手帖」の感想

原作の第1巻をベースに映画化。
古書店主の篠川栞子と、祖母の遺品である『漱石全集』が縁でアルバイトになった五浦大輔との馴れ初めが
描かれます。
映画版の特徴は、原作では直接描かれなかった大輔の祖母の若かりし日々を、
現在の物語と並行して描いていることでしょう。
この過去編が抒情的で、本映画最大の収穫だと思います。

『ビブリア古書堂の事件手帖』
おそらく、今迄映画を観終わった後の感想として、「原作のほうがいいかなぁ」というのがある。それはたとえ、観終わったばかりの映画だとしてもある。
そして、この映画にも原作があるということを知っている私は原作を読んでいないにもかかわらず、この映画を観ながら
「おそらくこのシーンは監督の眼によるフィルターがかかって原作とは違う屈折率で映画を観る者の眼に(脳に)映しだされているんだろうな」
などと勝手に想像してしまう。
映画と小説、考えてみれば、サッカーと野球のように違う土俵上にある。映画は映像で、小説は文章で読者の共感を呼ぶことを目的にしている。映像と文章では脳がそれを処理する場所が違う、(作品を作る側からするとこの手段の違いにより、働きかける脳の部位が違うということ)
もし、私が売れっ子の小説家であり、人気の映画監督だとしたも、自分のベストセラー小説を自らの手で映画監督としてメガホンはとらないと思う。原作はいったん別の表現者の世界観に消化されてあらたに組み立てられたほうが、面白いに決まっているどろうから)
私たちが、作品に触れるということはその作者の世界に自らの世界に住んでいる自分を彷徨わせることによって刺激を感じるということなのだから。
つまり、芸術やエンターテイメントは違う人を介してその世界の魅力がブーストされていくものであるといえる。その仲介者たちが大きく異質の世界を持っていれば、その作品はさらに大きくなる。でも、あくまでもその評価の主体は観る側、読む側にあるけれど。

五浦大輔が、本を好きになったきっかけは?という問いが二人に放たれる。稲垣は『好きな人が本を好きだったから』、栞子は『助けてくれたから。知らない世界へ、知らない時代へ、知らない人々とで合わせてくれたから』
なるほど、こういうシーン、本による恩恵が圧倒的に奪われたから、本を読もうとする人が少なくなってきたのだ。

『僕の存在にはあなたが必要なんだ』という言葉いい。

この映画を観て知った知識に「ビブリア=愛書家」がある。
東出昌大演じる田中嘉雄がおばあちゃん絹子に熱心に一冊一冊の小説の世界を語っていくことで絹子も本の世界に取り憑かれ、本を誰にも触らせたくないくらいの宝物にしていったのだ。

原作を読んだ上での鑑賞。
見ていていやになるくらい退屈な個所もあったが、全篇見終わったときの気持ちはすがすがしかった。見てよかったと思った。
50年前の絹子と田中嘉雄の物語を原作から大きくふくらませ、全篇にわたって現在の物語と並行させたところがこの映画化の最大の特徴。この50年前の悲恋を描いた部分は、それ自体ひじょうに美しいが、さらにまた、原作の重要なテーマ〈古書にはその本を持っていた人々の物語がこもっている(正確な言い回しは忘れた)〉を強調する役目も果たしている。この構成は巧みで感心させられた。

「幼な子われらに生まれ」の三島有紀子監督作となれば見逃すわけにいかず、上映最終週で滑り込んだ。

乗っけから無茶苦茶好きな空気で、満たされた気分に浸る。本には魂が宿ると思っている。ビブリア古書堂の店主栞子(黒木華)は古書に残された痕跡から持主の人生を見る。亡くなった祖母の蔵書から夏目漱石の署名が入った「それから」を見つけた大輔(野村周平)は栞子の鑑定により祖母の大きな秘密をも知ることとなる。

若き日の祖母(夏帆)と小説家を目指す青年(東出昌大)との触れあいもまったく嫌味がない。ミステリーとしては平坦かもしれないが、本への愛情に満ちたまったりとした空気を楽しむべき作品だろう。

華ちゃんは本当にはまり役だった。周平くんとの恋愛未満の関係も愛おしい。好きな作品と言える。

 

映画「ビブリア古書堂の事件手帖」のあらすじ

ビブリア古書堂の事件手帖』(ビブリアこしょどうのじけんてちょう)は、三上延による日本のライトミステリ小説シリーズ。イラストは越島はぐ。

2011年からメディアワークス文庫(KADOKAWA)より刊行されています。 公式サイトに記載されている累計発行部数は680万部。

古書に関して並外れた知識を持つが、極度の人見知りである美貌の古本屋店主・栞子(しおりこ)が、客が持ち込む古書にまつわる謎を解いていく日常の謎系のビブリオミステリ。

作中で扱われる古書は実在するもので、それら書籍の売上が伸びたり絶版本が復刊されるなどの影響を与えています。

 

以下あらすじです。

あらすじを見ずに映画「ビブリア古書堂の事件手帖」を楽しみたい方はコチラから

映画「ビブリア古書堂の事件手帖」を
無料お試し期間で無料視聴する

 

五浦大輔は祖母の遺品から夏目漱石の直筆と思われる署名が入った「それから」を見つけ、鑑定してもらうため北鎌倉の古書店「ビブリア古書堂」を訪れる。店主である若い女性・篠川栞子は極度の人見知りでありながら本に対して並外れた情熱と知識を持っており、大輔が持ち込んだ本を手に取って見ただけで、大輔の祖母が死ぬまで隠し通してきた秘密を解き明かしてしまう。そんな栞子の推理力に圧倒された大輔は、足を怪我した彼女のために店を手伝うことに。やがて大輔は、栞子が所有する太宰治「晩年」の希少本をめぐり、大庭葉蔵と名乗る謎の人物が彼女を付け狙っていることを知る。

映画「ビブリア古書堂の事件手帖」を
無料お試し期間で無料視聴する

 

映画「ビブリア古書堂の事件手帖」のキャスト・スタッフ

  • 映画「ビブリア古書堂の事件手帖」のキャスト

篠川栞子 – 黒木華
五浦大輔 – 野村周平
稲垣 – 成田凌
五浦絹子 – 夏帆
田中嘉雄 – 東出昌大

 

  • 映画「ビブリア古書堂の事件手帖」のスタッフ

原作 – 三上延「ビブリア古書堂の事件手帖」(メディアワークス文庫 / KADOKAWA刊)
監督 – 三島有紀子
脚本 – 渡部亮平、松井香奈
音楽 – 安川午朗
主題歌 – サザンオールスターズ「北鎌倉の思い出」(タイシタレーベル / ビクターエンタテインメント)
企画プロデュース – 小川真司
プロデューサー – 服部美穂、千綿英久
撮影 – 阿部一孝
照明 – 木村匡博
録音 – 浦田和治
美術 – 黒瀧きみえ
装飾 – 石渡由美
衣装 – 宮本まさ江
ヘアメイクデザイン – 倉田明美
編集 – 加藤ひとみ
スクリプター – 吉田久美子
助監督 – 佐伯竜一
制作担当 – 小野山哲史
配給 – 20世紀フォックス映画、KADOKAWA
制作プロダクション – 角川大映スタジオ
制作協力 – カズモ
製作 – 「ビブリア古書堂の事件手帖」製作委員会

 

最後に:映画「ビブリア古書堂の事件手帖」を無料で視聴するにはU-NEXTがオススメ!

映画「ビブリア古書堂の事件手帖」はU-NEXTの「無料お試しキャンペーン」で視聴するのがオススメです!

U-NEXTの「無料お試しキャンペーン」は登録すると初回の人は下の特典がもらえます。

【U-NEXTの特典】

  • 月額使用料が31日間無料
  • 600ポイント貰える
  • 対象の動画が見放題

 

U-NEXTなら見放題で、さらに期間内に解約すれば 使用料は一切かからないというメリットもあります。

登録方法も簡単なのでU-NEXTの「無料お試しキャンペーン」、是非試してみてくださいね!

映画「ビブリア古書堂の事件手帖」を
無料お試し期間で無料視聴する

U-NEXTのサイトはコチラ