お買い物

【安い!】マウスコンピューターでデスクトップPC「G‐TUNE」を購入してYouTubeでライブストリーミング配信やってみた!【パソコン新調】

YouTubeでゲームのライブストリーミング配信しようと消費税込みで15万円以下で購入できる新しいデスクトップパソコンを探していました。

理由は

「古いデスクトップパソコンでは『回線が不安定』と表示されるから」

どうやら古いデスクトップパソコンで配信しようとすると、この表示が現れて画面が真っ暗のままなんですよね・・・

「回線が不安定」ということで、回線関係が悪いのかな?と思いルーターを変えてみたりLANケーブルを変えてみたりしたのですが状況が改善することがありませんでした。

というのも古いデスクトップPC、買ったのが記憶が定かではないのですが下手すると10年前?くらいでして

「さすがにパソコンのスペックか・・・」と思い、今回なるべくなら15万以下で購入できるそこそこのデスクトップPCを探すことにしました。

 

パソコン選びを「マウスコンピューター(G‐TUNE)」か「FRONTIER」で悩む





何故この二つで悩んだかと言うと

マウスコンピューターの「G-TUNE」は前から気になっていたという理由で、

「FRONTIER」は古いデスクトップPCも「FRONTIER」で買っていたためです。

パソコンは上を見だすと値段にキリが無くなるので困りますね・・・

見比べてみた印象としては

  • マウスコンピュータ「G-TUNEは、性能の高い構成パーツの割りに価格が安い。全体的にコストパフォーマンス(コスパ)が良い印象
  • 「FRONTIER」は値段・パーツは普通だが「数量限定セール」が多い印象

 

でした。

ただ値段を消費税込みで15万円以下に抑えるとなると、「何かしらを諦めなければならない」ことになります。

ちなみに最終的にはマウスコンピューター「G-TUNE」を買うことになります。

ゲーミングPC【G-Tune】のサイトはコチラ

パソコン選びで費用を抑えるために「何を妥協するのか」

パソコン選びで費用を抑えるためには「何かしらを諦める」必要があります。

なので「何を妥協するか」をパーツごとに考えました。

CPU選び

パソコンにそんなに詳しくないため

インテル(R) Core(TM) i7となっているものならとりあえずOKということにしました。

ちなみに購入したときのCPUは

「インテル(R) Core(TM) i7-9700F プロセッサー ( 8コア / 8スレッド / 3.00GHz / TB時最大4.70GHz / 12MB )」

でした。

 

【CPU簡易比較表】

CPU名 ベンチマーク コア(スレッド) TDP 定格クロック TB時最大 ワット
パフォーマンス
コスパ 参考価格
Core i9 9900K 20200 8(16) 95W 3.6GHz 5.0GHz 212.6 0.342 約59,000円
Core i7 9700K 17200 8(8) 95W 3.6GHz 4.9GHz 181.1 0.366 約47,000円
Core i7 9700F 16200 8(8) 65W 3.0GHz 4.7GHz 249.2 0.395 約41,000円
Core i7 8700K 16100 6(12) 95W 3.7GHz 4.7GHz 169.5 0.366 約44,000円
Core i7 8700 15200 6(12) 65W 3.2GHz 4.6GHz 233.8 0.411 約37,000円
Core i5 9600K 13900 6(6) 95W 3.7GHz 4.6GHz 146.3 0.448 約31,000円
Core i5 9400F
12150
6(6) 65W 2.9GHz 4.1GHz 186.9 0.639 約19,000円
Core i5 8400 11700 6(6) 65W 2.8GHz 4.0GHz 180 0.531 約22,000円
※ベンチマークスコアはPASSMARKのベンチマークスコアを参考にした目安の値。

※参考価格は、価格.comもしくはAmazonの2019年6月中旬時点での最安値価格。

 

CPUオプションパーツ

今回は費用を抑えた構成にするため追加オプションパーツは無しです。

 

メモリ

メモリに関してはAmazonのタイムセールの時に安くなったものを買おうと思っていたので特に気にしませんでした。

ちなみに購入時は「8GB メモリ [ 8GB×1 ( PC4-19200 / DDR4-2400 ) ]」

メモリは「同時に作業できる量を増やす」のが主な目的なので、特に増設しなくても問題ないとは思うのですが、一応念のため増設することに。

ちなみにパソコンを新調するタイミングでAmazonプライムデーがあったので

【2019年版】Amazon prime day(アマゾンプライムデー)開催に向けて準備をしよう!【ウォッチリストの使い方】 年に一度のプライム会員大感謝祭「Amazonプライムデー」が今年もやってきました! Amazonプライムデーの開催期間は、...

このタイミングでメモリを購入しました。

セール時は14,273円で約4割引きとなっていました。

メモリ増設となると15万という予算からちょっとだけオーバーする可能性がありましたが、先行投資ということで・・・

しかし結果は15万以下に抑えることに成功しています。

逆に言えばメモリを諦めれば13万くらいでデスクトップパソコンが新調できることになります。

電源

後述しますが、グラフィックボードのグレードを下げることで値段を安くしようと思っていたので、電源はそこまで高くなくてもいいかなと。

ただ、メモリ増設のことを考えなければ予算に余裕があると思い+4,800円(税別)追加して

「700W 電源 ( 80PLUS(R) GOLD ) 」

に変更しました。

このパーツはいずれグレードアップしようとは思っています。

 

光学ドライブ

DVDやブルーレイを使うためのパーツですね。

これも予算的に特に気にしなかったのですが、マウスコンピューター「G-TUNE」ではデフォルトで光学ドライブが付いていないので

マウスコンピューター「G-TUNE」を選ぶとこの項目で自然と費用が節約できます。

もし光学ドライブが必要になった場合は「外付けハードドライブ」を使用することになりますが・・・

使わない・・・よね?

 

 SSD (M.2)

なんだこれは!?

というわけで調べてみました。

どうやら「あるととてもいいらしい」としかわかりませんでしたが

OSのインストール先がこの SSD (M.2)になると爆速でログイン・ログオフができるとかなんとか(曖昧)

ちなみに先を見据えて、この部分は投資しておこうとデフォルトで「パーツ無し」になっているところを+9,800円(税別)追加して

「256GB NVMe SSD ( SAMSUNG PM981a / M.2 PCIe Gen3 x4 接続 )」

を付けてみました。

結果、起動・シャットダウンがびっくりするくらい爆速になりました!

他にも恩恵を受けてるとは思いますが、特に実感がないのが現状です・・・(知識無くてすみません・・・)

ただし放熱や消費電力が大きいらしいので

導入したあと様子を見て追加でパーツを変えないといけない場面が出てくる可能性も考慮しないとかな?と思っています。

高速のデータ転送を可能にしたM.2は、高性能なスペックを追求する人向けの製品です。
ストレージに連続してアクセスするような負荷のかかる動作を多く行う場合に適しています。
コンパクトな形状でドライブベイが不要なため、タブレットや小型ノートパソコンなどにも搭載できます。
高性能の製品を利用する際、発熱が気になるという人がいるかもしれません。
高速データ転送には大きな電力消費を要し、製品によってはその分、発熱が高くなります。
しっかりと冷却措置を行うようにしましょう。

これまでになかった速度を実感できるM.2は、パソコン上級者向けの製品と言えます。データ転送速度で悩んでいた人にとっては、画期的な打開策になるかもしれません。しかしマザーボードによって対応できるコネクターに違いがあるので注意が必要です。導入を検討している方は製品の情報をよく調べてください。

ドスパラ公式サイトより引用

 

 SSD

既にSSD (M.2)を追加しているので、追加でSSDは付けませんでした。

 

SSDまたはHDD

YouTubeでライブストリーム配信をする際、動画を別に保存できるのですが

その容量が大きくなったら外付けのHDDを買ってそちらに移すか、古いデスクトップPCのHDDを新しいPCに追加するかしようと思っていたので

デフォルトの1TBのHDDのままにしておきました。

 

グラフィックボード(グラボ)

費用を抑えるにあたって、一番ネックになるのがここだと思っていました。

また、グラフィックボードは値段はかかりますが後でも取り換えることができるので、妥協するならココだと思っていました。

少なくともざっとサイトを見ていた感じ、古いデスクトップPCに搭載されているグラフィックボードよりは全部よさそうだったので

他の部分で妥協できない分、ここを妥協して新調するデスクトップPCの費用を抑えました。

今回選んだものは

NVIDIA GeForce GTX1060 / 3GB ( DisplayPort×3 / DVI-D ※DVI-HDMI 変換コネクタ付属 )

少なくとも古いデスクトップPCよりはグレードアップしています。

ただ、今後のことを考えると更にいいものに交換したほうが良いとは思っています。

 

その他

マウスだけは欲しいと思っていたので+500円でマウスを新調

マウスコンピューターだけに・・・

なんつって

壁|ω・`)

 

妥協点を踏まえた上で目的に合うPCを探してみたら15万円以下で目的のデスクトップPCが買えた!

妥協点を洗い出して、「CPUだけは良いモデル」を探すことにしました。

この結果を踏まえた上で自分の希望に合うようなデスクトップPCをマウスコンピューター「G-TUNE」と「FRONTIER」で探してみました。





前述したとおり

  • マウスコンピュータ「G-TUNEは、性能の高い構成パーツの割りに価格が安い。全体的にコストパフォーマンス(コスパ)が良い印象
  • 「FRONTIER」は値段・パーツは普通だが「数量限定セール」が多い印象

 

となっており、「セール品をカスタマイズすることで費用をさらに抑える」ことにしました。

そうなると「FRONTIER」が有力になっていたのですが

自分がサイトを見て回った時に希望に合うようなデスクトップPCがマウスコンピューター「G-TUNE」で特別セールを行っていました!

CPUだけはそこそこ良いデスクトップPCがセールで30,000円引きの99,800円!!!(税抜き)

OS用のSSD (M.2)や電源などをカスタマイズしても税込み・送料込みで129,492円!!!

ちなみに、記事にしているということはYouTubeでライブストリーミング配信できています!(後述してます)

正直CPUさえCorei7にしておけばYouTubeでのライブストリーミング配信は問題ないのかな?

なので、マウスコンピューター「G-TUNE」では、13万以内でCPUがCorei7ならばYouTubeでのライブストリーミング配信問題ないと思われます!

ゲーミングPC【G-Tune】のサイトはコチラ

 

あと、この時はまだAmazonのタイムセールで増設用のメモリを買っていませんでしたが、

15万以内で押さえようと思ったら2万円までは追加でパーツが買えるので、目を付けていた増設用メモリが安くなっていたら買える、といった金額まで抑えることができました!

結果、費用を15万円以下に抑えることができました!

┏━━<ご注文詳細 1>━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

注文番号: 〇〇〇
ご注文先: G-Tune
商品型名: NEXTGEAR-MICRO im610SA1-TV [Windows 10 搭載]
商品単価: \107,784(税込)
商品台数: 1

—◆◇構成内容◆◇————————————————
【 リサイクル 】個人向け ( リサイクル料金が含まれます。回収時に費用は発生しません。 )
【 OS 】Windows 10 Home 64ビット
【 その他2 】インテルゲーマー応援キャンペーン REIWA キャンペーンシリアル
【 おすすめモニタ 】・・・ おすすめモニタなし
【 翌営業日出荷サービス 】★\2,000(税別)★【 お急ぎの方に! カスタマイズしてもすぐ届く! 】 翌営業日出荷サービス
【 パソコン下取りサービス 】・・・ パソコン下取りサービスなし
【 オフィスソフト 】・・・ オフィスソフト無し
【 ウイルス対策・セキュリティソフト 】マカフィー リブセーフ ( 60日体験版 )
【 CPU 】インテル(R) Core(TM) i7-9700F プロセッサー ( 8コア / 8スレッド / 3.00GHz / TB時最大4.70GHz / 12MB )
【 CPUファン 】標準CPUクーラー
【 CPUグリス 】標準CPUグリス
【 メモリ 】8GB メモリ [ 8GB×1 ( PC4-19200 / DDR4-2400 ) ]
【 電源 】★\4,800(税別)★700W 電源 ( 80PLUS(R) GOLD ) ⇒ 優れた電力変換効率で無駄な発熱を低減!
【 光学ドライブ 】・・・ 光学ドライブ非搭載
【 光学ドライブ(外付け) 】・・・ 外付け光学ドライブなし
【 SSD (M.2) 】★\9,800(税別)★256GB NVMe SSD ( SAMSUNG PM981a / M.2 PCIe Gen3 x4 接続 ) 最大3,500MB/s超の連続読み出し性能!
【 SSD 】・・・ SSD無し ※OS用に別途 M.2 / SSD / HDD を選択してください。
【 SSDまたはHDD 】1TB HDD
【 外付けストレージ 】・・・ 外付けストレージなし
【 データ復旧サービス 】・・・ データ復旧サービスなし
【 グラフィックス 】NVIDIA GeForce GTX1060 / 3GB ( DisplayPort×3 / DVI-D ※DVI-HDMI 変換コネクタ付属 )
【 LAN 】[ オンボード ] 10/100/1000BASE-T GigaBit-Ethernet LAN
【 無線LAN 】・・・ 無線LAN無し
【 ケース 】■【G-Tune】NEXTGEAR-MICRO専用プレミアムM-ATXケース
【 インシュレーター 】標準インシュレーター
【 マザーボード 】インテル(R) B360 チップセット ( Micro ATX / SATA 6Gbps 対応ポート×6 / M.2スロット×1 )
【 サウンド 】ハイデフィニション・オーディオ
【 ソフトウェア2(バンドル) 】・・・ ソフトなし
【 パソコン引越しソフト 】【データ・設定の引越しに対応】ファイナルパソコンデータ引越しWin10 特別版(ダウンロード版)
【 Windows Hello デバイス 】・・・ Windows Hello デバイスなし
【 キーボード 】・・・ キーボードなし
【 マウス 】★\500(税別)★[Gaming/光学式] G-Tuneオリジナル オプティカルゲーミングマウス(6ボタン 1000/1600/2400/3200dpi 切り替え可能)
【 マウスパッド 】・・・ マウスパッドなし
【 ゲームコントローラ 】[G-Tune]ゲームコントローラなし
【 VRデバイス 】・・・ VRデバイスなし
【 外付け拡張デバイス 】 ・・・ 外付け拡張デバイスなし
【 スピーカー 】・・・ スピーカーなし ( 音声出力にはスピーカーが別途必要です )
【 ヘッドフォン 】・・・ ヘッドフォンなし
【 WEBカメラ(オプション) 】・・・ 外付けWebカメラなし
【 キャンペーン 】【 31日間無料視聴 】 U-NEXT ( 動画配信サービス )
【 J-Moss 】J-Mossマーク 非含有マーク(グリーンマーク・緑色)
【 ゲーミングチェア 】・・・ ゲーミングチェアなし
—◆◇周辺機器◆◇———————————————
【 モニタ 】・・・ モニタなし
【 プリンタ 】・・・ プリンタなし
【 ブロードバンドルーター 】・・・ ブロードバンドルーターなし
【 HUB 】・・・ HUBなし
【 LANケーブル 】・・・ LANケーブルなし
—◆◇サービス◆◇———————————————
【 サポート 】[1年間 標準保証] 初期不良対応1ヵ月+センドバック修理保証
【 電話サポート 】[ 24時間365日電話サポート ] 困った時はいつでもお電話いただけます
【 破損盗難保証サービス 】・・・ 破損盗難保証サービスなし
【 各種出張サービス 】・・・ 出張セットアップサービスなし

……………………………………………………………………………………
小計(税込):          \126,252
送料(税込):          \3,240
合計(税込):          \129,492

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

 

あとはこのデスクトップPCでYouTubeライブストリーミング配信ができるのか?といった問題だけです。

 

マウスコンピューター「G-TUNE」の「NEXTGEAR-MICRO im610SA1-TV [Windows 10 搭載] 」が届いたので開封して起動してみた!

 

というわけでマウスコンピューター「G-TUNE」の

「NEXTGEAR-MICRO im610SA1-TV [Windows 10 搭載] 」

が届いたので開封して、モニタにつなげてみました。

ちなみに増設するメモリはAmazonのタイムセール(正しくはAmazonプライムデーのタイムセール)で購入していたので

起動する前にメモリは交換しておきました。

起動してみて驚いたのが

「起動ボタンをおしてからホーム画面が映るまでの速さ」

5秒くらいでホーム画面まで移動します、とにかく早い!

そしてシャットダウンも早い!

ログアウトをクリックして2秒くらいでシャットダウンします!

買っててよかった SSD (M.2)!

 

マウスコンピューター「G-TUNE」でYouTubeライブストリーミング配信を試みる

さてYouTubeでのライブストリーミング配信の前に、古いデスクトップPCではできていた「ニコニコ生放送」での生放送がどうなのかを検証してみました。

ニコ生をするにあたっては配信ソフトは「N Air」が断然便利なので

まずN Airをダウンロード。

 

引き続きキャプチャーボード「GV-USB3/HD」とゲーム機とデスクトップPCを接続して、

GV-USB3/HDを使うためのソフトウェアをオンラインでダウンロードします。

 

GV-USB3/HDのソフトウェアをダウンロードできたかN Airで確認します。

無事ニコ生で放送できたのを確認、

画質などを触っていない「初期状態のN Air」でテスト配信したため、画質が荒かったですが・・・

ただ、設定を変えるとニコ生ではキレイに配信できることが解りました。

むしろ古いデスクトップPCでできてたことができなくなってたら焦りますねw

 

さて、次は配信環境を変えてテストです。

YouTubeでのライブストリーミング配信につかう配信用ソフトは「OBS」です。

古いデスクトップPCでは「回線が不安定です」となり配信できませんでしたが・・・

 

ちなみにマイク(声)は入っていません。

 

というわけでストリーム配信は「非常に良好」となり、無事にYouTubeでライブストリーミング配信ができました!

目的のYouTubeでのライブストリーミング配信はできた!ということで

目標達成です!!!

 

ただ問題は画質がちょっと?と思ったのですが、

他の配信者さんの画質を見た感じ

「ライブストリーミング配信だと殆どこの画質と変わらない」

印象をうけました。

YouTubeでの画質の良さは「録画状態のものをアップロードしてる」状態のものが多いので、ライブストリーミング配信だと画質に物足りなさが出てくるのかもしれません。

ちなみに録画は問題なく高画質で録画できています!

 

最後にマウスコンピューター「G-TUNE」を購入してみて:YouTubeでライブストリーミング配信できなかったのはCPUのせいだった?



実は今回CPUを「i7」に変えるのが一番の目的だったのです。

以前の古いデスクトップPCのCPUは「i5」で、下手すると10年近く使っていたデスクトップPCだったので

CPUを変えるだけでなく、この際デスクトップPCごと買い替えようと思い切って変えてみましたが

正直YouTubeでのライブストリーミング配信がうまくいってほっとしていますw

15万円以内のデスクトップPCでもYouTubeでライブストリーミング配信は十分可能ということがわかりました!

今回は運よく期間限定セールがあったので良かったです!

買おう!と思った時がPCの買い時ですね!

ゲーミングPC【G-Tune】のサイトはコチラ

【FRONTIER】のサイトはコチラ

 

今回購入するにあたり追加したパーツはコチラ

  • 【 電源 】+\4,800(税別):700W 電源 ( 80PLUS(R) GOLD )
  • 【 SSD (M.2) 】+\9,800(税別):256GB NVMe SSD ( SAMSUNG PM981a / M.2 PCIe Gen3 x4 接続 )
  • 【 マウス 】+\500(税別):[Gaming/光学式] G-Tuneオリジナル オプティカルゲーミングマウス(6ボタン 1000/1600/2400/3200dpi 切り替え可能)
  • 【 翌営業日出荷サービス 】+\2,000(税別):【 お急ぎの方に! カスタマイズしてもすぐ届く! 】

サイトのカスタムとは別に購入したもの