ブログ

【Google広告に飛んで困っているあなたへ】キーワードプランナーの導入方法と使い方【SEO対策2019年版】

SEO対策のためにキーワードプランナーを使いたい!

しかし、キーワードプランナーで検索をするとGoogle広告の設定に飛んでしまう。

「え?キーワードプランナーを使いたいだけなのにどういうこと?」

そう思っている方が多いのではないのでしょうか?

実はこのキーワードプランナー、Google広告のツールの1つなのです!

今回はキーワードプランナーを「無料で」使うために

グーグル広告の登録方法について実際に操作しながら説明していきたいと思います。

Google広告にログインするために必要なもの

無料でキーワードプランナーを使うことはできます。

しかしそれには「一度広告料の設定をして、ログインしたら無効化する」必要があるのですが

この広告料の設定、支払い方法に必要なのがクレジットカード情報」です。

前までは他の支払い方法

  • コンビニエンス ストアまたは Pay Easy(ペイジー)
  • 振込
  • 毎月の請求書発行

が選択できたみたいなのですが、支払い方法の変更がこの項目で選択できず

また、ログイン後に上記3つの支払い方法に変更ができず、クレジットカード情報の追加しかできませんでした。

現在はクレジットカード・デビットカードのみの決済方法しか採用していないみたいです。

このクレジットカード情報は

「auのauWALLETカード」では登録できませんでしたが、「楽天カード」だと登録できました。

楽天カード審査も届くまでの期間も他のクレジットカードに比べて格段に短いのでオススメです。

楽天カードを申し込む

 

また、Googleの提供するサービスなので、Googleアカウントが必要になります。

 

Google広告のログイン設定をする

まずはGoogle広告へのログイン設定を行っていきます。

グーグル広告のトップページ、またはキーワードプランナーのサイトから

「ログイン」または「キーワードプランナーに移動」をクリックして「グーグル広告の設定」へ移動します。

 

グーグル広告の設定「新しいキャンペーンを作成」ページへと移動したら

広告の主な目標一覧の「ウェブサイトでの商品購入や申し込みを増やす」をクリックして「次へ」をクリックします。

 

次にターゲットとするユーザーの所在地を「日本」に設定して「次へ」をクリックします。

 

次に、「商品やサービスを指定する」ページで「広告で使用する言語」「お客様の業種」「この広告で宣伝する商品やサービス」を設定していきます。

今後Google広告を使う機会があったとしても、新しくキャンペーンは設定できるので、今回記入する設定は適当で大丈夫です。

設定し終わったら「次へ」をクリックします。

 

次に「広告を作成する」ページにて、「広告1」内の「広告見出し1」「広告見出し2」「説明文」、そして「広告のリンク先ページ」を設定していきます。

今後Google広告を使う機会があったとしても、新しくキャンペーンは設定できるので、今回記入する設定は適当で大丈夫です。

下図のように適当に入力したとしても、キーワードプランナーは使えるようになります。

設定し終わったら「次へ」をクリックします。

 

次に「画像の追加(任意)」のページに移りますが、任意なので設定せずに「次へ」をクリックします。

 

次に「広告の予算の設定する」ページにて、広告の予算を設定します。

後に広告は停止させるので適当でも大丈夫、と言いたいところなのですが

念のため広告の予算の設定のを最小は「197円」にしておきましょう。

金額の下にあるスクロールバーの青い部分をクリックしたまま、左に移動させれば最小金額に設定できます。

設定し終わったら「次へ」をクリックします。

 

次のページでは今まで設定してきたキャンペーン設定の確認になります。

確認が終わったら「次へ」をクリックします。

 

次のページで「お支払い情報の確認」を設定していきます。

Googleアカウントを設定していれば、お客様情報の住所は自動で設定されます。

お支払い方法は2019年7月10日現在「クレジットカードのみ」となっています。

お支払方法は「楽天カード」でも登録できます。

お支払方法を設定したら、「Google広告の利用規約に同意します」のボックスにチェックを入れて「送信」ボタンをクリックします。

 

これでGoogle広告のすべての設定が完了しました。

次に「キャンペーンを確認」をクリックして作成したキャンペーン広告を停止させます。

 

Google広告にログインし、作成したキャンペーン内にある「有効」をクリック後、

「キャンペーンを一時停止する」をクリックしてキャンペーンを停止します。

 

キャンペーンを一時停止させる際、「フィードバックをお寄せください」というウィンドウが表示されますが、任意なので右上の×で閉じることができます。

 

これでキーワードプランナーを無料で使う準備ができました!

 

キーワードプランナーをグーグル広告から実際に使ってみる

キーワードプランナーはグーグル広告内にあるのですが、グーグル広告を設定し終わった直後には下図のような「ツールと設定」がありません。

「更新ボタン」を押すか、一度ウェブサイトを閉じてもう一度ログインしてみましょう。

 

図のような「ツールと設定」が現れたら、ツールと設定一覧にある「プランニング」から「キーワードプランナー」をクリックします。

 

または、キーワードプランナーのトップページからも移動することができます。

キーワードプランナーのトップページへ

 

 

このページをブックマークしておくと後々便利です。

キーワードプランナーの「検索のボリュームと予測のデータを確認する」エリアをクリックし、キーワードを入力することで

そのキーワードが期間内にどのくらい検索されているか、という「検索ボリューム」を調べることができます。

また、同時に複数のキーワードを入力することで、一度に「検索ボリューム」をしらべることもできます。

試しにグーグル検索で出てきた候補一覧の下部にある、検索したワードに関連する検索キーワードをコピー&ペーストしてみましょう。

左側の「新しいキーワードを見つける」は「指定したキーワードに関連した検索ワード」が出てきます。

SEO対策として使うには混乱を招きかねないので(タイトルが意図しない方向に行きやすくなるため「参考に使う」程度がオススメです。

こちらは実際にキーワードを入力して確認してみてくださいね。

 

 

↓コピー&ペーストして「開始する」をクリック。

 

一度に多数のキーワードを検索しようとすると

「現在リクエストを完了できません。しばらくしてから、もう一度お試しください。」

と表示されることがあります。

そういう場合は、一度ページを更新して再度試してみるか、検索するキーワードをへらしてみてください。

開始するをクリックすると「予測データ」のページから始まるので

検索ボリュームを調べたい場合、「過去の指標」をクリックします。

その際、ページ右上にある年月日を指定することで、特定の期間の検索ボリュームを調べることができます。

 

以上がキーワードプランナーの使い方です。

 

最後に

このキーワードプランナーは「検索ボリュームを調べるだけ」なので

他のキーワード検索ツールも使いつつ、SEO対策を盛り込む必要もあります。

とはいえ、ウェブサイトの運営が変わるのは間違いないです。

まずはキーワードを単体で検索して、次にサブキーワードを何種類か加えてから複数検索する、

そうすることで「検索流入の見込みを増やす可能性を模索する」。

それがキーワードプランナーの使い方です。

キーワードプランナーを上手に使いこなし、ウェブサイトの運営に役に立ててくださいね。