iTunes

新生iTunes!既存のiTunes解体、機能は3つのアプリに分割【iTunesは音楽特化に】

 

5月にiTunes終了の噂が流れていた

2019年5月、iTunesアフィリエイトなるものを知りそれに合格。

これからiTunesで音楽を紹介できるぞ!と意気込んていた裏で

「iTunesが終了する」という噂が流れていたらしいです。

iTunes終了のうわさの出所は米メディア「9to5Mac」と「ブルームバーグ」、

そして6月に入る前、iTunesの「Facebook」と「Instagram」公式アカウントが

これまでの投稿をすべて削除したとのことで

iTunes終了のうわさはここにきてかなり現実味を帯びてきました。

iTunes終了宣言は本当にあるのか?

iTunes終了の噂の出所の一つ「ブルームバーグ」でアップル情報に詳しい記者は

6月3日の「Worldwide Developers Conference 19」
(アップルがmacOSやiOSの開発者向けに毎年開催しているイベント)にて
Appleのオペレーティングシステムの最新情報と
アプリへの新しいアプローチを発表する際
その1つとして「iTunesの終わり」を挙げるのではないか、とのこと。

今回のイベントでAppleの新世代のデバイスとソフトウェアが明らかになります。
iPhoneからより独立したApple Watches、
ラップトップの必要性を減らすソフトウェアを搭載したiPad、
あらゆるAppleデバイス上で動作するアプリケーションの発表に関して
すべてのアプリの単一のバージョンが
最終的にすべてのアップルデバイス上で実行できるようになるということです。
そして今年、Appleはついに新しい時代へ移行する準備が整いました。

と告げています、つまり
「iTunesを終了し新しいアプリに移行するのではないか」
と予想しているのです。

iTunesが終了した場合、それに代わる新しいアプリとは

すでに各方面から噂が相次いでいるみたいです。

iTunesは単なる音楽プレイヤーとして初リリースし

音楽鑑賞のほか映画やテレビ番組

Podcastからアップル製デバイスの管理までを一手に引き受けた統合アプリでしたが

それが

音楽の「Music」

テレビ番組や映画などの「TV」

「Podcast」

とメディア別に3つの新アプリに分割されるとの見方があり、

ほぼ定説となっていました。

それを噂の出所のブルームバーグがWWDC 19直前に確認したことで、

信憑性が決定的になった格好です。

統合アプリの分割ということで

購入した音楽や動画、管理しているプレイリストなどは

それぞれのアプリで引き継げるものと思われます。

実際にMusicのアプリについてはiTunesがベースになっていると言われており、

事前にリークされたスクリーンショットからは

iTunesの音楽機能のベースは変わっていない印象があります。

単なる音楽アプリから総合アプリへと進化したiTunesが

また単純な音楽アプリに戻るだけといった感じでしょうか。

iTunes終了に伴う新アプリへの期待、発表は2019年6月3日

というわけで来たる2019年6月3日

Worldwide Developers Conference 19においての最新情報で

本当にitunesが終了するのか、そしてそれに代わる新しいアプリが出てくるのか

新アプリになった場合のiTunesからの引継ぎはどうなるのか

また他のデバイスやソフトウェアについても気になる新情報が出てきそうですね。

iTunes新生!音楽特化アプリに!

Worldwide Developers Conference 19においての最新情報で

iTunes自体が無くなることはく、「音楽に特化したアプリ」として新生。

iTunes(音楽)、ポッドキャストアプリ、Apple TVアプリと

3つのアプリで旧iTunesを置き換える形となるみたいですね。

情報はまだ出そろっていませんが今後が楽しみです。