ブログ

あなたのウェブサイトは大丈夫?7月9日から適用されるBetter Ads 標準とは?

Better Ads 標準のグローバルでのサポートについて。
7 月 9 日より、Better Ads 標準は全世界の Google Chrome でサポートされます。
広告が Better Ads 標準に準拠していないと、
Chrome ブラウザでフィルタされる可能性があります。

先日こんな通知がグーグルアドセンスに届きました。

正直何言ってるのかわからないので調べてみました!

Better Ads 標準とは?

まずはGoogleから送られてきた「Better Ads 標準」について。

この文章は英文を日本語に翻訳されているもので、英文だと

「Better Ads Standards」

このBetter Ads Standards は「Coalition for Better Ads 」という団体が設定したものです。

Standardsのページリンク → Better Ads Standards

このリンク先の英文をそれっぽく要約すると、

Better Ads Standardsは

ユーザーが特に不快に感じると業界で特定された「広告に関する問題」を集めて、違反している広告を識別するために作成されたものです。

Coalitionの調査で特定されているユーザーエクスペリエンス要因の中で最もランクが低く、

消費者が広告ブロッカーを採用する傾向が高いことと最も高い相関がある広告エクスペリエンスは

4種類のデスクトップWeb広告(6つのテスト済み広告エクスペリエンス)と8つの種類のモバイルWeb広告(12つのテスト済み広告エクスペリエンス)

 

見事な直訳!

さて、さらに噛み砕いて説明しましょう。

皆さんはグーグルアドセンスで出た広告の右上にある×ボタンを押したことはありませんか?

広告表示が邪魔な時にGoogleにその広告を停止してもらうために押す×です。

「Coalition for Better Ads 」はこの×ボタンが押された広告や

Googleユーザーが不快と思うような広告を集計して

Googleを使ってくれるユーザーにGoogleをより良い状態で使用してもらうために

Googleユーザーが不快に思う広告の種類はこれだ!

と定義したのが「Better Ads 標準」なのです。

 

広告が Better Ads 標準に準拠していないと、Chrome ブラウザでフィルタされる可能性があります。つまりどういうこと?

上記で説明した「Better Ads 標準」の定義の中に

4種類のデスクトップWeb広告(6つのテスト済み広告エクスペリエンス)と8つの種類のモバイルWeb広告(12つのテスト済み広告エクスペリエンス)

というのがありました。

この計12種類の広告内容が自身のウェブサイトに表示されていると「Chromeブラウザでフィルタされる可能性があるよ!」ってことです。

その計12種類の広告内容はコチラ

基本全部嫌な広告ですねw

ポップアップ広告(ブラウザ・モバイル)

 

表示されることでメインコンテンツが隠れてしまう広告です。

Chromeユーザーに一番嫌がられている広告形態らしいです。

 

音声付き動画広告の自動再生(ブラウザ・モバイル)

ユーザーが操作していないのに音声付きの動画が流れる広告です。

びっくりして素早くウィンドウやタブを閉じるのを強いるので、直訳すると「破壊的」らしいです。

ちなみに

クリックしてサウンドを有効にする広告は、Better Ads Standardに該当しませんでした。

とのこと。

 

カウントダウン付きプレスティシャル広告(ブラウザ)

ページのコンテンツが読み込まれる前に表示され、閉じることができるようになるまで、または自動的に閉じるまでに数秒待つ必要がある広告です。

混乱させる要因になりやすいので嫌われているらしいです。

ちなみにデスクトップ環境では、

すぐに却下できる可能性のあるプレスティシャル広告は、デスクトップ向けの「Better Ads Standard」に該当しませんでした。

とのこと。

えと、ポップアップ広告とどう違うんです・・・?

 

カウントダウン付きのポスト広告(モバイル)

ユーザーが却下するか、閉じたり別のページにリダイレクトしたりすることができるようになるまで数秒間待つことを強要する広告です。

カウントダウンが終了するまで足止めをされてしまい、コンテンツの流れを止められるので嫌がられるみたいです。

ちなみに

すぐに却下される可能性があるカウントダウンのあるポスト広告は「Better Ads Standard」に該当しませんでした。

とのこと。

ポップアップと同じ扱いじゃないんですね・・・

不思議。

 

プレスティシャル広告(モバイル)

コンテンツが読み込まれる前にモバイルページに表示されるため、検索したコンテンツにユーザーがアクセスできなくなる広告です。

フルスクリーンからスクリーンの一部まで様々で、またユーザーがメインコンテンツにアクセスできないようにするためのスタンドアロンページとして表示されることもあります。

 

大規模なスティッキー広告(ブラウザ・モバイル)

ユーザーがスクロールしようとしているかどうかにかかわらず、ページの下端に固定さる広告です。

ユーザーがページ上のどこに移動したかにかかわらず、ページビューの一部を妨害し続けるので嫌われるみたいです。

コレありますよね、確かに邪魔だ!

「画面占有率の30%以上を占めます。」という一文があるのですが、小さなスティッキー広告は対象外なのでしょうか?検証が必要ですね。

 

アニメーション広告の点滅(モバイル)

急速に変化する背景、テキスト、または色でアニメーション化および「点滅」する広告です。

特定のページのコンテンツを読み込もうとするときにユーザーの気を散らすので嫌われるとのこと。

ちなみに

「点滅」しないアニメーションは、Better Ads Standardの基準にはなりません。

とのこと。

 

全画面スクロール広告(モバイル)

ユーザーにスクロールさせる全画面広告です。

コンテンツの上に表示されるため、ユーザーが閲覧しようとしているコンテンツを不明瞭にし、ユーザーにとって混乱を招く可能性があるので嫌われるらしいです。

 

【重要!】広告密度が30%を超える

さて、サイト運営者にとって「一番重要なBetter Ads 標準」です。

ページの縦の高さの30%以上を占める広告です。

広告密度は、モバイルページのメインコンテンツ部分内のすべての広告の高さを合計し、次にページのメインコンテンツ部分の高さの合計で割ることによって決定されます。

【Better Ads 標準の広告密度測定方法】

  • 広告密度は、ビューポートではなくページのメインコンテンツ部分に対して測定されます。
  • ページのメインコンテンツ部分には、関連記事を含むヘッダー、フッター、サイトナビゲーションは含まれていません。
  • ページのメインコンテンツ部分の下にある広告は密度の計算に含まれません。
  • 「スティッキー」広告やインライン広告など、すべての広告フォーマットは広告密度に基づいています。各「スティッキー」広告の高さは、この計算の目的で1回カウントされます。
  • ページ自体のコンテンツに関連する動画コンテンツの前( “プレロール”)または途中( “ミッドロール”)に表示される動画広告は測定に含まれません。

Coalition for Better Adsのサイトより引用~

 

まとめ:広告の掲載量が多いとモバイルページで広告がフィルタされ、広告が見れない状態になる可能性がある

基本的なウェブサイトの運営方法であれば、普通は問題ない仕様変更だと思われますが

もし、フィルタをかけられたとしても、広告量を減らすことでフィルタを回避することができます。

「Better Ads 標準」に関して、自サイトが標準に準拠しているかを確認するには、GoogleSearchConsoleに登録して上で

Google が提供するツールAd Experience Reportで確認することができます。

定期的にツールで自サイトが大丈夫か確認しておいたほうがよさそうですね。