アプリ

7pay(セブンペイ)にチャージ残高あるけどどうなるの?nanacoに引き継ぎできるの?【返金方法】

セブンイレブンが独自に始めたQRコード決済サービス「7pay(セブンペイ)」。

2019年7月1日にサービスが開始されてから不正に利用される被害が相次ぎ、現在は新規登録や残高のチャージができない状態となっていて

すでにチャージされた残高を利用して買い物をすることのみ可能な状態でした。

そしてサービス開始直後から不正利用被害が生じ、サービスを一時停止してセキュリティー強化を進めていたみたいですが、

抜本的対策の完了に時間がかかるほか、サービスに対する利用者の不安も高まっており、サービス継続は困難と判断したみたいで

2019年9月30日24:00をもって、全てのサービスが終了(廃止)されることが決定しました。

7pay(セブンペイ)の残高は今後どうなるのか?

サービス廃止に伴い、チャージ残高を有するお客様に対する払い戻し手続きが発生します。

この手続きについては関係各方面のご指導を仰ぎつつ、子細無く進めてまいります。

~記者会見より~

チャージ残高の具体的な返金の取り扱いや返金方法については

関係各方面に相談しながら確実に返還するとのことで、詳細は後日発表されるとのことです。

必ず店頭でポスターなどの広告媒体を使って周知の徹底を行うとのことなので

7payのチャージ残高が残っている方は、「サービスが終了するから」といってアプリを消したりせずに続報を待ちましょう。

さすがに「現金での返金」や「銀行入金」では必ず問題が発生すると思われるので

7pay(セブンペイ)に残ったチャージ残高を全額使い切るような決済方法や、余った金額をnanacoに移動する、といった方法が有力でないでしょうか?

 

7pay(セブンペイ)とは?

セブンイレブンが独自に始めたQRコード決済サービスです。

nanacoに残高が残ってるけど7payに移すこと(引継ぎ)はできるの?【7pay(セブンペイ)の使い方・チャージ方法】 ※2019年8月1日:続報 サービス開始直後から不正利用被害が生じ、サービスを一時停止してセキュリティー強化を進めてい...

「利用者提示型(ユーザーがQRコードを読み込む)」だけでなく「店舗読取型(店員がバーコードを読み取る)」での実装されており

レジ前での決済が従来よりもスムーズに流れることが期待されていました。

 

7pay(セブンペイ)不正利用による被害

2019 年 7 月 3 日(水)にバーコード決済サービス「7pay」の一部アカウントが、第三者による不正なアクセスの被害を受けていたと報告があり

内容としては第三者がなんらかの方法で7pay利用者のアカウントにアクセスして本人になりすまし、

登録されたクレジットカードおよびデビットカードを通じて当該アカウントにチャージを行い、セブン‐イレブン店舗において商品を購入する等といったもの。

2019年7月2日の「身に覚えのない取引があった」というお問い合わせから

2019年7月3日に社内調査を実施した結果、不正利用が発覚。

7payアプリやホームページに「重要なお知らせ」として、ID・パスワード管理の注意喚起を掲載し、クレジットカードおよびデビットカードによるチャージを停止。

7pay不正アクセス利用被害により新規登録停止、7payにチャージした金額やnanacoはどうなるの?【返金できるの?】7payが実質使えなくなりました。7pay不正アクセス利用被害が発生したためです。 ※2019年8月1日:続報 サービス...

この問題をめぐっては、サービスの登録や利用をする際に本人かどうかを段階を踏んで確認する「2段階認証」の仕組みを当初導入していなかったなど、セキュリティーの甘さが指摘されていました。

被害人数は「808人」、被害総額は「3861万5473円」

7月中旬以降あらたな被害は無く、被害に対しては必ず全額保証するとのこと。

今月19日以降、補償の手続きを個別に案内するということです。

 

最後に

「セブン‐イレブン」の店舗では他社が提供している決済サービスと連携していく方針を示した一方

「もう一度スマホ決済サービスに参画できるかチャレンジはしていきたい」

とのことです。

 

再びにはなりますが

チャージ残高に関しては関係各方面に相談しながら確実に返還するとのことで、詳細は後日発表されるとのことです。

必ず店頭でポスターなどの広告媒体を使って周知の徹底を行うとのことなので

7payのチャージ残高が残っている方は、「サービスが終了するから」といってアプリを消したりせずに続報を待ちましょう。